2.2.2. CLI を使用したメータリングのインストール

OpenShift Container Platform CLI を使用して、メータリング Operator をインストールできます。

手順

  1. メータリング Operator の Namespace オブジェクト YAML ファイルを作成します。CLI を使用して namespace を作成する必要があります。たとえば、metering-namespace.yaml のようになります。

    apiVersion: v1
    kind: Namespace
    metadata:
      name: openshift-metering 1
      annotations:
        openshift.io/node-selector: "" 2
      labels:
        openshift.io/cluster-monitoring: "true"
    1
    メータリングを openshift-metering namespace にデプロイすることを強く推奨します。
    2
    オペランド Pod の特定のノードセレクターを設定する前に、このアノテーションを追加します。
  2. Namespace オブジェクトを作成します。

    $ oc create -f <file-name>.yaml

    以下は例になります。

    $ oc create -f openshift-metering.yaml
  3. OperatorGroup オブジェクト YAML ファイルを作成します。たとえば、metering-og のようになります。

    apiVersion: operators.coreos.com/v1
    kind: OperatorGroup
    metadata:
      name: openshift-metering 1
      namespace: openshift-metering 2
    spec:
      targetNamespaces:
      - openshift-metering
    1
    名前は任意です。
    2
    openshift-metering namespace を指定します。
  4. Subscription オブジェクトの YAML ファイルを作成し、namespace をメータリング Operator にサブスクライブします。このオブジェクトは、redhat-operators カタログソースの最近リリースされたバージョンをターゲットにします。たとえば、metering-sub.yaml のようになります。

    apiVersion: operators.coreos.com/v1alpha1
    kind: Subscription
    metadata:
      name: metering-ocp 1
      namespace: openshift-metering 2
    spec:
      channel: "4.8" 3
      source: "redhat-operators" 4
      sourceNamespace: "openshift-marketplace"
      name: "metering-ocp"
      installPlanApproval: "Automatic" 5
    1
    名前は任意です。
    2
    openshift-logging namespace を指定する必要があります。
    3
    4.8 をチャネルとして指定します。
    4
    metering-ocp パッケージマニフェストが含まれる、redhat-operators カタログソースを指定します。OpenShift Container Platform が、非接続クラスターとも呼ばれる制限されたネットワークにインストールされている場合、Operator LifeCycle Manager (OLM) の設定時に作成した CatalogSource オブジェクトの名前を指定します。
    5
    「自動」インストール計画の承認を指定します。