8.2. メータリングのデバッグ

メータリングのデバッグは、各種のコンポーネントと直接対話する場合に大幅に容易になります。以下のセクションでは、Presto および Hive への接続とクエリー方法、および Presto および HDFS コンポーネントのダッシュボードの表示方法について詳しく説明します。

注記

このセクションのコマンドではすべて、メータリングを openshift-metering namespace の OperatorHub 経由でインストールしていることを前提とします。

8.2.1. レポート Operator ログの取得

以下のコマンドを使用して reporting-operatorのログに従います。

$ oc -n openshift-metering logs -f "$(oc -n openshift-metering get pods -l app=reporting-operator -o name | cut -c 5-)" -c reporting-operator