4.5. レポート Operator の設定

重要

メータリングは非推奨の機能です。非推奨の機能は依然として OpenShift Container Platform に含まれており、引き続きサポートされますが、本製品の今後のリリースで削除されるため、新規デプロイメントでの使用は推奨されません。

OpenShift Container Platform で非推奨となったか、または削除された主な機能の最新の一覧については、『OpenShift Container Platform リリースノート』の「 非推奨および削除された機能」セクションを参照してください。

レポート Operator は、Prometheus からデータを収集し、メトリクスを Presto に保存して、Presto に対してレポートクエリーを実行し、それらの結果を HTTP API 経由で公開します。レポート Operator の設定は主に MeteringConfig カスタムリソースで実行されます。

4.5.1. Prometheus 接続のセキュリティー保護

メータリングを OpenShift Container Platform にインストールする場合、Prometheus は https://prometheus-k8s.openshift-monitoring.svc:9091/ で利用できます。

Prometheus への接続のセキュリティーを保護するために、デフォルトのメータリングのインストールでは OpenShift Container Platform の認証局 (CA) を使用します。Prometheus インスタンスが別の CA を使用する場合、CA は設定マップを使用して挿入できます。レポート Operator は、指定されたベアラートークンを使用して Prometheus で認証するように設定することもできます。

手順

  • 設定マップを使用して Prometheus インスタンスが使用する CA を挿入します。以下は例になります。

    spec:
      reporting-operator:
        spec:
          config:
            prometheus:
              certificateAuthority:
                useServiceAccountCA: false
                configMap:
                  enabled: true
                  create: true
                  name: reporting-operator-certificate-authority-config
                  filename: "internal-ca.crt"
                  value: |
                    -----BEGIN CERTIFICATE-----
                    (snip)
                    -----END CERTIFICATE-----

    または、一般に有効な証明書のシステム認証局を使用するには、 useServiceAccountCA および configMap.enabled の両方を false に設定します。

  • Prometheus で認証するベアラートークンを指定します。以下は例になります。
spec:
  reporting-operator:
    spec:
      config:
        prometheus:
          metricsImporter:
            auth:
              useServiceAccountToken: false
              tokenSecret:
                enabled: true
                create: true
                value: "abc-123"