第1章 メータリング

重要

メータリングは非推奨の機能です。非推奨の機能は依然として OpenShift Container Platform に含まれており、引き続きサポートされますが、本製品の今後のリリースで削除されるため、新規デプロイメントでの使用は推奨されません。

OpenShift Container Platform で非推奨となったか、または削除された主な機能の最新の一覧については、『OpenShift Container Platform リリースノート』の「 非推奨および削除された機能」セクションを参照してください。

1.1. メータリングの概要

メータリングは、異なるデータソースからデータを処理するためのレポートを作成できる汎用のデータ分析ツールです。クラスター管理者として、メータリングを使用してクラスターの内容を分析できます。独自のクエリーを作成するか、または事前定義 SQL クエリーを使用して、利用可能な異なるデータソースからデータを処理する方法を定義できます。

メータリングは主にデフォルトデータとして Prometheus を使用するクラスター内のメトリクスデータにフォーカスを置き、メータリングのユーザーが Pod、namespace、および他のほとんどの Kubernetes リソースについてのレポートを行えるようにします。

メータリングは OpenShift Container Platform 4.x クラスター以降にインストールできます。

1.1.1. メータリングリソース

メータリングには、メータリングのデプロイメントやインストール、およびメータリングが提供するレポート機能を管理するために使用できるリソースが多数含まれています。

メータリングは以下のカスタムリソース定義 (CRD) を使用して管理されます。

MeteringConfig

デプロイメントのメータリングスタックを設定します。メータリングスタックを構成する各コンポーネントを制御するカスタマイズおよび設定オプションが含まれます。

レポート

使用するクエリー、クエリーを実行するタイミングおよび頻度、および結果を保存する場所を制御します。

レポートクエリー

ReportDataSource 内に含まれるデータに対して分析を実行するために使用される SQL クエリーが含まれます。

ReportDataSource

ReportQuery および Report で利用可能なデータを制御します。メータリング内で使用できるように複数の異なるデータベースへのアクセスの設定を可能にします。