2.4. 前提条件

  • 設定オプションを確認します。
  • MeteringConfig リソースを作成します。以下のプロセスを開始し、デフォルトの MeteringConfig リソースを生成し、ドキュメントのサンプルを使用して特定のインストール用にこのデフォルトファイルを変更します。以下のトピックを参照して、MeteringConfig リソースを作成します。

重要

openshift-metering namespace には、1 つの MeteringConfig リソースのみを配置できます。その他の設定はサポートされません。

手順

  1. Web コンソールから、openshift-metering プロジェクトのメータリング Operator についての Operator Details ページにいることを確認します。OperatorsInstalled Operators をクリックしてこのページに移動してから、メータリング Operator を選択します。
  2. Provided APIs の下で、メータリング設定カードの Create Instance をクリックします。これにより、YAML エディターがデフォルトの MeteringConfig リソースファイルと共に開き、ここで設定を定義できます。

    注記

    設定ファイルやサポートされるすべての設定オプションの例については、メータリングの設定についてのドキュメントを参照してください。

  3. MeteringConfig リソースを YAML エディターに入力し、Create をクリックします。

MeteringConfig リソースは、メータリングスタックに必要なリソースの作成を開始します。これで、インストールを検証できるようになります。