第4章 メータリングの設定

4.1. メータリングの設定について

重要

メータリングは非推奨の機能です。非推奨の機能は依然として OpenShift Container Platform に含まれており、引き続きサポートされますが、本製品の今後のリリースで削除されるため、新規デプロイメントでの使用は推奨されません。

OpenShift Container Platform で非推奨となったか、または削除された主な機能の最新の一覧については、『OpenShift Container Platform リリースノート』の「 非推奨および削除された機能」セクションを参照してください。

MeteringConfig カスタムリソースはメータリングのインストールについてのすべての設定の詳細を指定します。メータリングスタックを最初にインストールすると、デフォルトの MeteringConfig カスタムリソースが生成されます。このデフォルトファイルを変更するには、ドキュメントのサンプルを使用します。以下の重要な点に留意してください。

  • 少なくとも、永続ストレージを設定し、Hive メタストアを設定する必要があります。
  • デフォルト設定のほとんどは機能しますが、大規模なデプロイメントまたは高度にカスタマイズされたデプロイメントの場合は、すべての設定オプションを注意して確認する必要があります。
  • いくつかの設定オプションは、インストール後に変更することができません。

インストール後に変更可能な設定オプションについては、MeteringConfig カスタムリソースで変更し、ファイルを再度適用します。