第1章 マシンマネジメントの概要

マシン管理を使用して、Amazon Web Services(AWS)、Azure、Google Cloud Platform(GCP)、OpenStack、Red Hat Virtualization(RHV)、vSphereなどの基盤となるインフラを柔軟に連携させ、OpenShift Container Platformクラスタを管理することができます。クラスタを制御し、特定のワークロードポリシーに基づいてクラスタをスケールアップ/ダウンするなどのオートスケーリングを行うことができます。

OpenShift Container Platformのクラスターは、負荷の増減に応じて水平方向にスケールアップ、ダウンすることができます。変化するワークロードに適応するクラスタを持つことは重要です。

マシンの管理は、Custom Resource Definition(CRD)として実装されています。CRDオブジェクトは、クラスタ内の新しいユニークなオブジェクトKindを定義し、Kubernetes APIサーバがオブジェクトのライフサイクル全体を処理できるようにします。

Machine API Operatorは以下のリソースを提供します。

  • MachineSet
  • マシン
  • クラスター・オートスケーラー
  • Machine Autoscaler
  • マシンのヘルスチェック

マシンセットでできること

クラスタ管理者として以下のことができます。

  1. にマシンセットを作成します。

  2. マシンセットからマシンを追加または削除することで、マシンセットを手動でスケーリングすることができます。
  3. MachineSetのYAML設定ファイルでマシンセットを変更します。
  4. マシンの削除
  5. インフラストラクチャのマシンセットを作成します
  6. マシンプール内の損傷したマシンを自動的に修正するためのマシンヘルスチェックの設定と導入。

オートスケーラー

クラスタをオートスケールすることで、変化するワークロードに柔軟に対応できます。OpenShift Container Platform クラスタをオートスケールするには、まずクラスタオートスケーラを展開し、次に各マシンセットにマシンオートスケーラを展開する必要があります。クラスターオートスケーラーは、導入ニーズに応じてクラスターのサイズを増減させます。マシンオートスケーラーは、OpenShift Container Platform クラスタに展開するマシンセットのマシン数を調整します。

ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャー

User-provisioned infrastructureは、OpenShift Container Platformをホストするコンピュートリソース、ネットワークリソース、ストレージリソースなどのインフラを展開できる環境です。ユーザープロビジョニングされたインフラ上のクラスターにコンピュートマシンを追加するには、インストールの一部として、またはインストール後に行うことができます。

RHELのコンピュートマシンでできること

クラスター管理者として、以下を実行できます。