2.4.3. RHOSP 上の SR-IOV を使用するマシンセットのカスタムリソースのサンプル YAML

クラスターを SR-IOV (Single-root I/O Virtualization) 用に設定している場合に、その技術を使用するマシンセットを作成できます。

このサンプル YAML は SR-IOV ネットワークを使用するマシンセットを定義します。作成するノードには node-role.openshift.io/<node_role>: "" というラベルが付けられます。

このサンプルでは、infrastructure_idはクラスタのプロビジョニング時に設定したクラスタIDを元にしたインフラストラクチャIDラベル、node_roleは追加するノードラベルです。

この例では、「radio」と「uplink」という名前の 2 つの SR-IOV ネットワークを想定しています。これらのネットワークは、spec.template.spec.providerSpec.value.ports 一覧のポート定義で使用されます。

注記

この例では、SR-IOV デプロイメント固有のパラメーターのみを説明します。より一般的なサンプルを確認するには、「RHOSP 上のマシンセットのカスタムリソースのサンプル YAML」を参照してください。

SR-IOV ネットワークを使用するマシンセットの例

apiVersion: machine.openshift.io/v1beta1
kind: MachineSet
metadata:
  labels:
    machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id>
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <node_role>
    machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <node_role>
  name: <infrastructure_id>-<node_role>
  namespace: openshift-machine-api
spec:
  replicas: <number_of_replicas>
  selector:
    matchLabels:
      machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id>
      machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-<node_role>
  template:
    metadata:
      labels:
        machine.openshift.io/cluster-api-cluster: <infrastructure_id>
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-role: <node_role>
        machine.openshift.io/cluster-api-machine-type: <node_role>
        machine.openshift.io/cluster-api-machineset: <infrastructure_id>-<node_role>
    spec:
      metadata:
      providerSpec:
        value:
          apiVersion: openstackproviderconfig.openshift.io/v1alpha1
          cloudName: openstack
          cloudsSecret:
            name: openstack-cloud-credentials
            namespace: openshift-machine-api
          flavor: <nova_flavor>
          image: <glance_image_name_or_location>
          serverGroupID: <optional_UUID_of_server_group>
          kind: OpenstackProviderSpec
          networks:
            - subnets:
              - UUID: <machines_subnet_UUID>
          ports:
            - networkID: <radio_network_UUID> 1
              nameSuffix: radio
              fixedIPs:
                - subnetID: <radio_subnet_UUID> 2
              tags:
                - sriov
                - radio
              vnicType: direct 3
              portSecurity: false 4
            - networkID: <uplink_network_UUID> 5
              nameSuffix: uplink
              fixedIPs:
                - subnetID: <uplink_subnet_UUID> 6
              tags:
                - sriov
                - uplink
              vnicType: direct 7
              portSecurity: false 8
          primarySubnet: <machines_subnet_UUID>
          securityGroups:
          - filter: {}
            name: <infrastructure_id>-<node_role>
          serverMetadata:
            Name: <infrastructure_id>-<node_role>
            openshiftClusterID: <infrastructure_id>
          tags:
          - openshiftClusterID=<infrastructure_id>
          trunk: true
          userDataSecret:
            name: <node_role>-user-data
          availabilityZone: <optional_openstack_availability_zone>
          configDrive: true 9

1 5
各ポートにネットワークの UUID を入力します。
2 6
各ポートのサブネット UUID を入力します。
3 7
vnicType パラメーターの値は、各ポートに 直接 指定する必要があります。
4 8
portSecurity パラメーターの値は、各ポートで false である必要があります。

ポートセキュリティーが無効な場合は、ポートにセキュリティーグループと使用可能なアドレスペアを設定できません。インスタンスにセキュリティーグループを設定すると、グループが割り当てられているすべてのポートに適用されます。

9
configDrive パラメーターの値は true である必要があります。
注記

トランクは、ネットワークおよびサブネットの一覧のエントリーで作成されるポート向けに有効にされます。これらの一覧から作成されたポートの名前は、<machine_name>-<nameSuffix> パターンを使用します。nameSuffix フィールドは、ポート定義に必要です。

ポートの一覧で定義されているポートでは、トランクは有効になっていません。

オプションで、タグを タグ 一覧の一部としてポートに追加できます。