第7章 インフラストラクチャーマシンセットの作成

重要

このプロセスは、手動でプロビジョニングされたマシンを持つクラスターには適用されません。高度なマシン管理およびスケーリング機能は、マシン API が機能しているクラスターでのみ使用することができます。

インフラストラクチャマシンセットを使用すると、デフォルトのルーター、統合されたコンテナイメージレジストリ、クラスタのメトリクスとモニタリング用のコンポーネントなど、インフラストラクチャコンポーネントのみをホストするマシンを作成することができます。これらのインフラストラクチャマシンは、環境の実行に必要なサブスクリプションの合計数にはカウントされません。

7.1. OpenShift Container Platform インフラストラクチャーコンポーネント

以下のインフラストラクチャーワークロードでは、OpenShift Container Platform ワーカーのサブスクリプションは不要です。

  • マスターで実行される Kubernetes および OpenShift Container Platform コントロールプレーンサービス
  • デフォルトルーター
  • 統合コンテナーイメージレジストリー
  • HAProxyベースのIngress Controller
  • ユーザー定義プロジェクトのモニタリング用のコンポーネントを含む、クラスターメトリクスの収集またはモニタリングサービス
  • クラスター集計ロギング
  • サービスブローカー
  • Red Hat Quay
  • Red Hat OpenShift Container Storage
  • Red Hat Advanced Cluster Manager
  • Red Hat Advanced Cluster Security for Kubernetes
  • Red Hat OpenShift GitOps
  • Red Hat OpenShift Pipelines

他のコンテナー、Pod またはコンポーネントを実行するノードは、サブスクリプションが適用される必要のあるワーカーノードです。

インフラストラクチャノードと、インフラストラクチャノードで実行できるコンポーネントについては、OpenShift sizing and subscription guide for enterprise Kubernetesドキュメントの「Red Hat OpenShift control plane and infrastructure nodes」セクションを参照してください。