10.4. コンピュートマシンのベアメタルへの追加

ベアメタルの OpenShift Container Platform クラスターにコンピュートマシンを追加することができます。

10.4.1. 前提条件

  • クラスターをベアメタルにインストールしている。
  • クラスターの作成に使用したインストールメディアおよび Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) イメージがある。これらのファイルがない場合は、インストール手順に従ってこれらを取得する必要があります。
  • ユーザーがプロビジョニングするインフラストラクチャーに DHCP サーバーを利用できる場合には追加のコンピュートマシンの詳細を DHCP サーバー設定に追加している。これには、永続的な IP アドレス、DNS サーバー情報、および各マシンのホスト名が含まれます。
  • 追加する各コンピュートマシンのレコード名と IP アドレスを追加するように DNS 設定を更新している。DNS ルックアップおよび逆引き DNS ルックアップが正しく解決されていることを検証している。
重要

クラスターの作成に使用された Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) イメージへのアクセスがない場合、より新しいバージョンの Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS)イメージと共にコンピュートマシンを OpenShift Container Platform クラスターに追加できます。手順については、OpenShift 4.6+ へのアップグレード後の新規ノードの UPI クラスターへの追加の失敗について参照してください。