1.4. 非推奨および削除された機能

以前のリリースで利用可能であった一部の機能が非推奨になるか、または削除されました。

非推奨の機能は依然として OpenShift Container Logging に含まれており、引き続きサポートされますが、本製品の今後のリリースで削除されるため、新規デプロイメントでの使用は推奨されません。

1.4.1. 従来のFluentdや従来のsyslogを用いたログの転送は廃止されました。

OpenShift Container Platform 4.6から現在まで、以下のレガシーメソッドを使用したログの転送は非推奨となっており、将来のリリースで削除される予定です。

その代わりに、以下のような非合法な方法を使用してください。