12.4. Red Hat サポート用のロギングデータの収集

サポートケースを作成する際、ご使用のクラスターについてのデバッグ情報を Red Hat サポートに提供していただくと Red Hat のサポートに役立ちます。

must-gather ツール を使用すると、プロジェクトレベルのリソース、クラスターレベルのリソース、および各 OpenShift Logging コンポーネントについての診断情報を収集できます。

迅速なサポートを得るには、OpenShift Container Platform と OpenShift Logging の両方の診断情報を提供してください。

注記

hack/logging-dump.sh スクリプトは使用しないでください。このスクリプトはサポートされなくなり、データを収集しません。

12.4.1. must-gather ツールについて

oc adm must-gather CLI コマンドは、問題のデバッグに必要となる可能性のあるクラスターからの情報を収集します。

OpenShift Logging 環境の場合、must-gather は以下の情報を収集します。

  • プロジェクトレベルの Pod、設定マップ、サービスアカウント、ロール、ロールバインディングおよびイベントを含むプロジェクトレベルのリソース
  • クラスターレベルでのノード、ロール、およびロールバインディングを含むクラスターレベルのリソース
  • ログコレクター、ログストア、およびログビジュアライザーなどの openshift-logging および openshift-operators-redhat namespace のOpenShift Logging リソース

oc adm must-gather を実行すると、新しい Pod がクラスターに作成されます。データは Pod で収集され、must-gather.local で始まる新規ディレクトリーに保存されます。このディレクトリーは、現行の作業ディレクトリーに作成されます。