4.3.8. Elasticsearch クラスターのローリング再起動の実行

elasticsearch 設定マップまたは elasticsearch-* デプロイメント設定のいずれかを変更する際にローリング再起動を実行します。

さらにローリング再起動は、Elasticsearch Pod が実行されるノードで再起動が必要な場合に推奨されます。

前提条件

  • OpenShift Logging および Elasticsearch がインストールされている。
  • OpenShift Container Platform の es_util ツールをインストールします。

手順

クラスターのローリング再起動を実行するには、以下を実行します。

  1. openshift-logging プロジェクトに切り替えます。

    $ oc project openshift-logging
  2. Elasticsearch Pod の名前を取得します。

    $ oc get pods | grep elasticsearch-
  3. Fluentd Pod をスケールダウンし、新規ログの Elasticsearch への送信を停止します。

    $ oc -n openshift-logging patch daemonset/logging-fluentd -p '{"spec":{"template":{"spec":{"nodeSelector":{"logging-infra-fluentd": "false"}}}}}'
  4. OpenShift Container Platform es_util ツールを使用してシャードの同期フラッシュを実行して、シャットダウンの前にディスクへの書き込みを待機している保留中の操作がないようにします。

    $ oc exec <any_es_pod_in_the_cluster> -c elasticsearch -- es_util --query="_flush/synced" -XPOST

    例:

    $ oc exec -c elasticsearch-cdm-5ceex6ts-1-dcd6c4c7c-jpw6  -c elasticsearch -- es_util --query="_flush/synced" -XPOST

    出力例

    {"_shards":{"total":4,"successful":4,"failed":0},".security":{"total":2,"successful":2,"failed":0},".kibana_1":{"total":2,"successful":2,"failed":0}}

  5. OpenShift Container Platform es_util ツールを使用して、ノードを意図的に停止する際のシャードのバランシングを防ぎます。

    $ oc exec <any_es_pod_in_the_cluster> -c elasticsearch -- es_util --query="_cluster/settings" -XPUT -d '{ "persistent": { "cluster.routing.allocation.enable" : "primaries" } }'

    例:

    $ oc exec elasticsearch-cdm-5ceex6ts-1-dcd6c4c7c-jpw6 -c elasticsearch -- es_util --query="_cluster/settings" -XPUT -d '{ "persistent": { "cluster.routing.allocation.enable" : "primaries" } }'

    出力例

    {"acknowledged":true,"persistent":{"cluster":{"routing":{"allocation":{"enable":"primaries"}}}},"transient":

  6. コマンドが完了したら、ES クラスターのそれぞれのデプロイメントについて、以下を実行します。

    1. デフォルトで、OpenShift Container Platform Elasticsearch クラスターはノードのロールアウトをブロックします。以下のコマンドを使用してロールアウトを許可し、Pod が変更を取得できるようにします。

      $ oc rollout resume deployment/<deployment-name>

      例:

      $ oc rollout resume deployment/elasticsearch-cdm-0-1

      出力例

      deployment.extensions/elasticsearch-cdm-0-1 resumed

      新規 Pod がデプロイされます。Pod に準備状態のコンテナーがある場合、次のデプロイメントに進むことができます。

      $ oc get pods | grep elasticsearch-

      出力例

      NAME                                            READY   STATUS    RESTARTS   AGE
      elasticsearch-cdm-5ceex6ts-1-dcd6c4c7c-jpw6k    2/2     Running   0          22h
      elasticsearch-cdm-5ceex6ts-2-f799564cb-l9mj7    2/2     Running   0          22h
      elasticsearch-cdm-5ceex6ts-3-585968dc68-k7kjr   2/2     Running   0          22h

    2. デプロイメントが完了したら、ロールアウトを許可しないように Pod をリセットします。

      $ oc rollout pause deployment/<deployment-name>

      例:

      $ oc rollout pause deployment/elasticsearch-cdm-0-1

      出力例

      deployment.extensions/elasticsearch-cdm-0-1 paused

    3. Elasticsearch クラスターが green または yellow 状態にあることを確認します。

      $ oc exec <any_es_pod_in_the_cluster> -c elasticsearch -- es_util --query=_cluster/health?pretty=true
      注記

      直前のコマンドで使用した Elasticsearch Pod でロールアウトを実行した場合、Pod は存在しなくなっているため、ここで新規 Pod 名が必要になります。

      例:

      $ oc exec elasticsearch-cdm-5ceex6ts-1-dcd6c4c7c-jpw6 -c elasticsearch -- es_util --query=_cluster/health?pretty=true
      {
        "cluster_name" : "elasticsearch",
        "status" : "yellow", 1
        "timed_out" : false,
        "number_of_nodes" : 3,
        "number_of_data_nodes" : 3,
        "active_primary_shards" : 8,
        "active_shards" : 16,
        "relocating_shards" : 0,
        "initializing_shards" : 0,
        "unassigned_shards" : 1,
        "delayed_unassigned_shards" : 0,
        "number_of_pending_tasks" : 0,
        "number_of_in_flight_fetch" : 0,
        "task_max_waiting_in_queue_millis" : 0,
        "active_shards_percent_as_number" : 100.0
      }
      1
      次に進む前に、このパラメーターが green または yellow であることを確認します。
  7. Elasticsearch 設定マップを変更した場合、それぞれの Elasticsearch Pod についてこれらの手順を繰り返します。
  8. クラスターのすべてのデプロイメントがロールアウトされたら、シャードのバランシングを再度有効にします。

    $ oc exec <any_es_pod_in_the_cluster> -c elasticsearch -- es_util --query="_cluster/settings" -XPUT -d '{ "persistent": { "cluster.routing.allocation.enable" : "all" } }'

    例:

    $ oc exec elasticsearch-cdm-5ceex6ts-1-dcd6c4c7c-jpw6 -c elasticsearch -- es_util --query="_cluster/settings" -XPUT -d '{ "persistent": { "cluster.routing.allocation.enable" : "all" } }'

    出力例

    {
      "acknowledged" : true,
      "persistent" : { },
      "transient" : {
        "cluster" : {
          "routing" : {
            "allocation" : {
              "enable" : "all"
            }
          }
        }
      }
    }

  9. Fluentd Pod をスケールアップして、新規ログを Elasticsearch に送信します。

    $ oc -n openshift-logging patch daemonset/logging-fluentd -p '{"spec":{"template":{"spec":{"nodeSelector":{"logging-infra-fluentd": "true"}}}}}'