7.6. syslog プロトコルを使用したログの転送

syslog RFC3164 または RFC5424 プロトコルを使用して、デフォルトの Elasticsearch ログストアの代わり、またはこれに加えてプロトコルを受け入れるように設定された外部ログアグリゲーターにログのコピーを送信できます。syslog サーバーなど、外部ログアグリゲーターを OpenShift Container Platform からログを受信するように設定する必要があります。

syslog プロトコルを使用してログ転送を設定するには、syslog サーバーに対する 1 つ以上の出力およびそれらの出力を使用するパイプラインと共に ClusterLogForwarder カスタムリース (CR) を作成します。syslog 出力では、UDP、TCP、または TLS 接続を使用できます。

注記

または、設定マップを使用して syslog RFC3164 プロトコルを使用してログを転送することもできます。ただし、この方法は OpenShift Container Platform では非推奨となり、今後のリリースで取り除かれます。

前提条件

  • 指定されたプロトコルまたは形式を使用してロギングデータを受信するように設定されたロギングサーバーが必要です。

手順

  1. ClusterLogForwarder CR オブジェクトを定義する YAML ファイルを作成または編集します。

    apiVersion: logging.openshift.io/v1
    kind: ClusterLogForwarder
    metadata:
      name: instance 1
      namespace: openshift-logging 2
    spec:
      outputs:
       - name: rsyslog-east 3
         type: syslog 4
         syslog: 5
           facility: local0
           rfc: RFC3164
           payloadKey: message
           severity: informational
         url: 'tls://rsyslogserver.east.example.com:514' 6
         secret: 7
            name: syslog-secret
       - name: rsyslog-west
         type: syslog
         syslog:
          appName: myapp
          facility: user
          msgID: mymsg
          procID: myproc
          rfc: RFC5424
          severity: debug
         url: 'udp://rsyslogserver.west.example.com:514'
      pipelines:
       - name: syslog-east 8
         inputRefs: 9
         - audit
         - application
         outputRefs: 10
         - rsyslog-east
         - default 11
         parse: json 12
         labels:
           secure: "true" 13
           syslog: "east"
       - name: syslog-west 14
         inputRefs:
         - infrastructure
         outputRefs:
         - rsyslog-west
         - default
         labels:
           syslog: "west"
    1
    ClusterLogForwarder CR の名前は instance である必要があります。
    2
    ClusterLogForwarder CR の namespace は openshift-logging である必要があります。
    3
    出力の名前を指定します。
    4
    syslog タイプを指定します。
    5
    オプション: 以下に一覧表示されている syslog パラメーターを指定します。
    6
    外部 syslog インスタンスの URL およびポートを指定します。udp (セキュアでない)、tcp (セキュアでない) プロトコル、または tls (セキュアな TCP) プロトコルを使用できます。CIDR アノテーションを使用するクラスター全体のプロキシーが有効になっている場合、出力は IP アドレスではなくサーバー名または FQDN である必要があります。
    7
    tls プレフィックスを使用する場合、TLS 通信のエンドポイントに必要なシークレットの名前を指定する必要があります。シークレットは openshift-logging プロジェクトに存在し、tls.crttls.key および ca-bundle.crt のキーが含まれる必要があります。これらは、それぞれが表す証明書を参照します。
    8
    オプション: パイプラインの名前を指定します。
    9
    パイプラインを使用して転送するログタイプ (applicationinfrastructure または audit) を指定します。
    10
    このパイプラインでログを転送する時に使用する出力の名前を指定します。
    11
    オプション: ログを内部 Elasticsearch インスタンスに転送するために default 出力を指定します。
    12
    オプション: 構造化された JSON ログエントリーを structured フィールドの JSON オブジェクトとして転送するかどうかを指定します。ログエントリーに有効な構造化された JSON が含まれる必要があります。そうでない場合は、OpenShift Logging は 構造化 フィールドを削除し、代わりにログエントリーをデフォルトのインデックス app-00000x に送信します。
    13
    オプション: 文字列。ログに追加する 1 つまたは複数のラベル。"true" などの引用値は、ブール値としてではなく、文字列値として認識されるようにします。
    14
    オプション: サポートされるタイプの他の外部ログアグリゲーターにログを転送するように複数の出力を設定します。
    • パイプラインを説明する名前。
    • inputRefs は、そのパイプラインを使用して転送するログタイプです (applicationinfrastructure、または audit)。
    • outputRefs は使用する出力の名前です。
    • オプション: 文字列。ログに追加する 1 つまたは複数のラベル。
  2. CR オブジェクトを作成します。

    $ oc create -f <file-name>.yaml

7.6.1. syslog パラメーター

syslog 出力には、以下を設定できます。詳細は、syslog の RFC3164 または RFC5424 RFC を参照してください。

  • facility: syslog ファシリティー。値には 10 進数の整数または大文字と小文字を区別しないキーワードを使用できます。

    • カーネルメッセージの場合、0 または kern
    • ユーザーレベルのメッセージの場合、1 または user。デフォルトです。
    • メールシステムの場合、2 または mail
    • システムデーモンの場合、3 または daemon
    • セキュリティー/認証メッセージの場合、4 または auth
    • syslogd によって内部に生成されるメッセージの場合、5 または syslog
    • ラインプリンターサブシステムの場合、6 または lpr
    • ネットワーク news サブシステムの場合、7 または news
    • UUCP サブシステムの場合、8 または uucp
    • クロックデーモンの場合、9 または cron
    • セキュリティー認証メッセージの場合、10 または authpriv
    • FTP デーモンの場合、11 または ftp
    • NTP サブシステムの場合、12 または ntp
    • syslog 監査ログの場合、13 または security
    • syslog アラートログの場合、14 または console
    • スケジューリングデーモンの場合、15 または solaris-cron
    • ローカルに使用される facility の場合、1623 または local0local7
  • オプション: payloadKey: syslog メッセージのペイロードとして使用するレコードフィールド。

    注記

    payloadKey パラメーターを設定すると、他のパラメーターが syslog に転送されなくなります。

  • rfc: syslog を使用してログを送信するために使用される RFC。デフォルトは RFC5424 です。
  • severity: 送信 syslog レコードに設定される syslog の重大度。値には 10 進数の整数または大文字と小文字を区別しないキーワードを使用できます。

    • システムが使用不可であることを示すメッセージの場合、0 または Emergency
    • 即時にアクションを実行する必要があることを示すメッセージの場合、1 または Alert
    • 重大な状態を示すメッセージの場合、2 または Critical
    • エラーの状態を示すメッセージの場合、3 または Error
    • 警告状態を示すメッセージの場合は、4 または Warning
    • 正常であるが重要な状態を示すメッセージの場合は、5 または Notice
    • 情報を提供するメッセージの場合は、6 または Informational
    • デバッグレベルのメッセージを示唆するメッセージの場合、7 または Debug。デフォルトです。
  • tag: タグは、syslog メッセージでタグとして使用するレコードフィールドを指定します。
  • trimPrefix: 指定されたプレフィックスをタグから削除します。