第21章 level

rsyslog (severitytext プロパティー)、python のロギングモジュールなどのさまざまなソースのロギングレベル。

以下の値は syslog.h から取得されます。値の前には 同等の数値 が追加されます。

  • 0 = emerg、システムが使用できない。
  • 1 = alert。アクションをすぐに実行する必要がある。
  • 2 = crit、致命的な状況。
  • 3 = err、エラーのある状況。
  • 4 = warn、警告のある状況。
  • 5 = notice、通常ではあるが、影響が大きい状況。
  • 6 = info、情報提供。
  • 7 = debug、デバッグレベルのメッセージ。

以下の 2 つの値は syslog.h の一部ではありませんが、広く使用されています。

  • 8 = trace、トレースレベルメッセージ。これは、debug メッセージよりも詳細にわたります。
  • 9 = unknown、ロギングシステムで認識できない値を取得した場合。

他のロギングシステムのログレベルまたは優先度を前述の一覧で最も近い一致にマップします。たとえば python logging では、CRITICALcritERRORerr が同じです。

データ型

キーワード

値の例

info