8.5.2. ベアメタルノードのプロビジョニング

ベアメタルノードをプロビジョニングするには、プロビジョナーノードから以下の手順を実行する必要があります。

手順

  1. ベアメタルノードをプロビジョニングする前に、PROVISIONING STATUSready であることを確認します。

    $  oc -n openshift-machine-api get bmh openshift-worker-<num>

    ここで、<num> はワーカーノード数です。

    NAME                 STATUS   PROVISIONING STATUS   CONSUMER   BMC                 HARDWARE PROFILE   ONLINE   ERROR
    openshift-worker-<num>   OK       ready                            ipmi://<out-of-band-ip>   unknown            true
  2. ワーカーノードの数を取得します。

    $ oc get nodes
    NAME                                                STATUS   ROLES           AGE     VERSION
    provisioner.openshift.example.com            Ready    master          30h     v1.16.2
    openshift-master-1.openshift.example.com            Ready    master          30h     v1.16.2
    openshift-master-2.openshift.example.com            Ready    master          30h     v1.16.2
    openshift-master-3.openshift.example.com            Ready    master          30h     v1.16.2
    openshift-worker-0.openshift.example.com            Ready    master          30h     v1.16.2
    openshift-worker-1.openshift.example.com            Ready    master          30h     v1.16.2
  3. マシンセットを取得します。

    $ oc get machinesets -n openshift-machine-api
    NAME                                DESIRED   CURRENT   READY   AVAILABLE   AGE
    ...
    openshift-worker-0.example.com      1         1         1       1           55m
    openshift-worker-1.example.com      1         1         1       1           55m
  4. ワーカーノードの数を 1 つずつ増やします。

    $ oc scale --replicas=<num> machineset <machineset> -n openshift-machine-api

    <num> を、ワーカーノードの新たな数に置き換えます。<machineset> を、直前の手順で設定されたマシン名に置き換えます。

  5. ベアメタルノードのステータスを確認します。

    $ oc -n openshift-machine-api get bmh openshift-worker-<num>

    ここで、<num> はワーカーノード数です。ステータスは ready から provisioning に変わります。

    NAME                 STATUS   PROVISIONING STATUS   CONSUMER                  BMC                 HARDWARE PROFILE   ONLINE   ERROR
    openshift-worker-<num>   OK       provisioning          openshift-worker-<num>-65tjz   ipmi://<out-of-band-ip>   unknown            true

    provisioning ステータスは、OpenShift Container Platform クラスターがノードをプロビジョニングするまでそのままになります。この場合、30 分以上の時間がかかる場合があります。ノードのプロビジョニング後に、ステータスは provisioned に変わります。

    NAME                 STATUS   PROVISIONING STATUS   CONSUMER                  BMC                 HARDWARE PROFILE   ONLINE   ERROR
    openshift-worker-<num>   OK       provisioned           openshift-worker-<num>-65tjz   ipmi://<out-of-band-ip>   unknown            true
  6. プロビジョニングが完了したら、ベアメタルノードが準備状態であることを確認します。

    $ oc get nodes
    NAME                                          STATUS   ROLES   AGE     VERSION
    provisioner.openshift.example.com             Ready    master  30h     v1.16.2
    openshift-master-1.openshift.example.com      Ready    master  30h     v1.16.2
    openshift-master-2.openshift.example.com      Ready    master  30h     v1.16.2
    openshift-master-3.openshift.example.com      Ready    master  30h     v1.16.2
    openshift-worker-0.openshift.example.com      Ready    master  30h     v1.16.2
    openshift-worker-1.openshift.example.com      Ready    master  30h     v1.16.2
    openshift-worker-<num>.openshift.example.com  Ready    worker  3m27s   v1.16.2

    kubelet を確認することもできます。

    $ ssh openshift-worker-<num>
    [kni@openshift-worker-<num>]$ journalctl -fu kubelet