6.7.5.3. GCP にグローバルにアクセスできる Ingress コントローラーの作成

Google Cloud Platform (GCP) クラスターにグローバルにアクセスできる Ingress コントローラーを作成できます。グローバルアクセスは、内部ロードバランサーを使用する Ingress コントローラーでのみ利用できます。

前提条件

  • install-config.yaml を作成し、これに対する変更を完了している。

手順

グローバルアクセスが設定された Ingress コントローラーの新規の GCP クラスターへの作成

  1. インストールプログラムが含まれるディレクトリーに切り替え、マニフェストファイルを作成します。

    $ ./openshift-install create manifests --dir <installation_directory> 1
    1
    <installation_directory> については、クラスターの install-config.yaml ファイルが含まれるディレクトリーの名前を指定します。

    ファイルの作成後は、以下のようにいくつかのネットワーク設定ファイルが manifests/ ディレクトリーに置かれます。

    $ ls <installation_directory>/manifests/cluster-ingress-default-ingresscontroller.yaml

    出力例

    cluster-ingress-default-ingresscontroller.yaml

  2. エディターで cluster-ingress-default-ingresscontroller.yaml ファイルを開き、必要な Operator 設定を記述するカスタムリソース (CR) を入力します。

    サンプル clientAccess 設定を Global に設定します。

      spec:
        endpointPublishingStrategy:
          loadBalancer:
            providerParameters:
              gcp:
                clientAccess: Global 1
              type: GCP
            scope: Internal          2
          type: LoadBalancerService

    1
    gcp.clientAccessGlobal に設定します。
    2
    グローバルアクセスは、内部ロードバランサーを使用する Ingress コントローラーでのみ利用できます。