15.7.11. 高度なネットワーク設定の指定

クラスターネットワークプロバイダーに高度なネットワーク設定を使用し、クラスターを既存のネットワーク環境に統合することができます。高度なネットワーク設定は、クラスターのインストール前にのみ指定することができます。

重要

インストールプロブラムで作成される OpenShift Container Platform マニフェストファイルを変更してネットワーク設定をカスタマイズすることは、サポートされていません。以下の手順のように、作成するマニフェストファイルを適用することがサポートされています。

前提条件

  • install-config.yaml ファイルを作成し、これに対する変更を完了しています。

手順

  1. インストールプログラムが含まれるディレクトリーに切り替え、マニフェストを作成します。

    $ ./openshift-install create manifests --dir <installation_directory> 1
    1
    <installation_directory> は、クラスターの install-config.yaml ファイルが含まれるディレクトリーの名前を指定します。
  2. cluster-network-03-config.yml という名前の、高度なネットワーク設定用のスタブマニフェストファイルを <installation_directory>/manifests/ ディレクトリーに作成します。

    apiVersion: operator.openshift.io/v1
    kind: Network
    metadata:
      name: cluster
    spec:
  3. 以下の例のように、cluster-network-03-config.yml ファイルで、クラスターの高度なネットワーク設定を指定します。

    OpenShift SDN ネットワークプロバイダーに異なる VXLAN ポートを指定します。

    apiVersion: operator.openshift.io/v1
    kind: Network
    metadata:
      name: cluster
    spec:
      defaultNetwork:
        openshiftSDNConfig:
          vxlanPort: 4800

    OVN-Kubernetes ネットワークプロバイダーの IPsec を有効にします。

    apiVersion: operator.openshift.io/v1
    kind: Network
    metadata:
      name: cluster
    spec:
      defaultNetwork:
        ovnKubernetesConfig:
          ipsecConfig: {}

  4. オプション: manifests/cluster-network-03-config.yml ファイルをバックアップします。インストールプログラムは、Ignition 設定ファイルの作成時に manifests/ ディレクトリーを使用します。
  5. コントロールプレーンマシンおよび compute machineSets を定義する Kubernetes マニフェストファイルを削除します。

    $ rm -f openshift/99_openshift-cluster-api_master-machines-*.yaml openshift/99_openshift-cluster-api_worker-machineset-*.yaml

    これらのリソースを独自に作成および管理するため、それらを初期化する必要はありません。

    • MachineSet ファイルを保存して、マシン API を使用してコンピュートマシンを作成することができますが、環境に合わせてそれらへの参照を更新する必要があります。