7.3.3.2. 最小リソース要件

それぞれのクラスターマシンは、以下の最小要件を満たしている必要があります。

マシンオペレーティングシステムCPU [1]RAMストレージIOPS [2]

ブートストラップ

RHCOS

4

16 GB

100 GB

300

コントロールプレーン

RHCOS

4

16 GB

100 GB

300

コンピュート

RHCOS または RHEL 7.9 [3]

2

8 GB

100 GB

300

  1. 1 つの CPU は、同時マルチスレッド(SMT)またはハイパースレッディングが有効にされていない場合に 1 つの物理コアと同等です。有効にすると、以下の式を使用して対応する比率を計算します:(コアごとのスレッド)× ソケット数 = CPU
  2. OpenShift Container Platform および Kubernetes はディスクのパフォーマンスに敏感であり、特に 10 ms p99 fsync 期間を必要とするコントロールプレーンノード上の etcd については、高速ストレージが推奨されます。多くのクラウドプラットフォームでは、ストレージサイズと IOPS スケールが一緒にあるため、十分なパフォーマンスを得るためにストレージボリュームの割り当てが必要になる場合があります。
  3. ユーザーによってプロビジョニングされるすべてのインストールと同様に、クラスターで RHEL 7 コンピュートマシンの使用を選択する場合は、システム更新の実行、パッチの適用、その他すべての必要なタスクの完了など、オペレーティングシステムのライフサイクルの管理と保守をすべて担当します。RHEL 7 コンピュートマシンの使用は非推奨となり、OpenShift Container Platform 4 の今後のリリースで削除される予定です。