8.4. インストーラーでプロビジョニングされるインストール後の設定

インストーラーでプロビジョニングされるクラスターを正常にデプロイしたら、以下のインストール後の手順を考慮してください。

8.4.1. 非接続クラスター向けの NTP 設定 (オプション)

OpenShift Container Platform は、クラスターノードに chrony Network Time Protocol (NTP) サービスをインストールします。以下の手順を使用して、コントロールプレーンノードで NTP サーバーを設定し、デプロイメントが正常に完了した後にコントロールプレーンノードの NTP クライアントとしてワーカーノードを設定します。

OpenShift Container Platform ノードは、正しく実行するために日時について合意する必要があります。ワーカーノードがコントロールプレーンノードの NTP サーバーから日付と時刻を取得すると、ルーティング可能なネットワークに接続されていないクラスターのインストールおよび操作が有効になるため、上位の stratum の NTP サーバーにアクセスできなくなります。

手順

  1. コントロールプレーンノードの chrony.conf ファイルのコンテンツを含む Butane 設定 (99-master-chrony-conf-override.bu) を作成します。

    注記

    Butane の詳細は、「Butane を使用したマシン設定の作成」を参照してください。

    Butane 設定例

    variant: openshift
    version: 4.8.0
    metadata:
      name: 99-master-chrony-conf-override
      labels:
        machineconfiguration.openshift.io/role: master
    storage:
      files:
        - path: /etc/chrony.conf
          mode: 0644
          overwrite: true
          contents:
            inline: |
              # Use public servers from the pool.ntp.org project.
              # Please consider joining the pool (https://www.pool.ntp.org/join.html).
    
              # The Machine Config Operator manages this file
              server openshift-master-0.<cluster-name>.<domain> iburst 1
              server openshift-master-1.<cluster-name>.<domain> iburst
              server openshift-master-2.<cluster-name>.<domain> iburst
    
              stratumweight 0
              driftfile /var/lib/chrony/drift
              rtcsync
              makestep 10 3
              bindcmdaddress 127.0.0.1
              bindcmdaddress ::1
              keyfile /etc/chrony.keys
              commandkey 1
              generatecommandkey
              noclientlog
              logchange 0.5
              logdir /var/log/chrony
    
              # Configure the control plane nodes to serve as local NTP servers
              # for all worker nodes, even if they are not in sync with an
              # upstream NTP server.
    
              # Allow NTP client access from the local network.
              allow all
              # Serve time even if not synchronized to a time source.
              local stratum 3 orphan

    1
    <cluster-name> はクラスターの名前に置き換え、<domain> は完全修飾ドメイン名に置き換える必要があります。
  2. Butane を使用して、コントロールプレーンノードに配信される設定が含まれる MachineConfig オブジェクトファイル (99-master-chrony-conf-override.yaml) を生成します。

    $ butane 99-master-chrony-conf-override.bu -o 99-master-chrony-conf-override.yaml
  3. コントロールプレーンノードの NTP サーバーを参照するワーカーノードの chrony.conf ファイルのコンテンツを含む Butane 設定 (99-worker-chrony-conf-override.bu) を作成します。

    Butane 設定例

    variant: openshift
    version: 4.8.0
    metadata:
      name: 99-worker-chrony-conf-override
      labels:
        machineconfiguration.openshift.io/role: worker
    storage:
      files:
        - path: /etc/chrony.conf
          mode: 0644
          overwrite: true
          contents:
            inline: |
              # The Machine Config Operator manages this file.
              server openshift-master-0.<cluster-name>.<domain> iburst 1
              server openshift-master-1.<cluster-name>.<domain> iburst
              server openshift-master-2.<cluster-name>.<domain> iburst
    
              stratumweight 0
              driftfile /var/lib/chrony/drift
              rtcsync
              makestep 10 3
              bindcmdaddress 127.0.0.1
              bindcmdaddress ::1
              keyfile /etc/chrony.keys
              commandkey 1
              generatecommandkey
              noclientlog
              logchange 0.5
              logdir /var/log/chrony

    1
    <cluster-name> はクラスターの名前に置き換え、<domain> は完全修飾ドメイン名に置き換える必要があります。
  4. Butane を使用して、ワーカーノードに配信される設定が含まれる MachineConfig オブジェクトファイル (99-worker-chrony-conf-override.yaml) を生成します。

    $ butane 99-worker-chrony-conf-override.bu -o 99-worker-chrony-conf-override.yaml
  5. 99-master-chrony-conf-override.yaml ポリシーをコントロールプレーンノードに適用します。

    $ oc apply -f 99-master-chrony-conf-override.yaml

    出力例

    machineconfig.machineconfiguration.openshift.io/99-master-chrony-conf-override created

  6. 99-worker-chrony-conf-override.yaml ポリシーをワーカーノードに適用します。

    $ oc apply -f 99-worker-chrony-conf-override.yaml

    出力例

    machineconfig.machineconfiguration.openshift.io/99-worker-chrony-conf-override created

  7. 適用された NTP 設定のステータスを確認します。

    $ oc describe machineconfigpool