10.3. ネットワークが制限された環境での RHEL KVM のあるクラスターの IBM Z および LinuxONE へのインストール

OpenShift Container Platform バージョン 4.8 では、制限されたネットワークでプロビジョニングする IBM Z および LinuxONE インフラストラクチャーにクラスターをインストールできます。

注記

本書では IBM Z のみについて説明していますが、すべての情報は LinuxONE にも適用されます。

重要

ベアメタルプラットフォーム以外の場合には、追加の考慮点を検討する必要があります。OpenShift Container Platform クラスターをインストールする前に、「guidelines for deploying OpenShift Container Platform on non-tested platforms」にある情報を確認してください。

10.3.1. 前提条件

  • OpenShift Container Platform のインストールおよび更新 プロセスの詳細を確認している。
  • クラスターインストール方法の選択およびそのユーザー向けの準備」のドキュメント内容を確認している。
  • ミラーホストでレジストリーを作成 しており、使用しているバージョンの OpenShift Container Platform の imageContentSources データを取得している。
  • インストールプロセスを開始する前に、既存のインストールファイルを移動するか、または削除する必要があります。これにより、インストールプロセス時に必要なインストールファイルが作成され、更新されます。

    重要

    インストールメディアにアクセスできるマシンからインストール手順が実行されるようにします。

  • クラスター用に NFS を使用して永続ストレージ をプロビジョニングしている。プライベートイメージレジストリーをデプロイするには、ストレージで ReadWriteMany アクセスモードを指定する必要があります。
  • クラスターがアクセスを必要とする サイトを許可するようにファイアウォールを設定 している (ファイアウォールを使用する場合)。
  • 論理パーティション (LPAR) でホストされ、RHEL 8.3 以降をベースとする RHEL Kernel Virtual Machine (KVM) システムをプロビジョニングしている。

    注記

    プロキシーを設定する場合は、このサイト一覧も確認してください。