12.4. SR-IOV で接続されたコンピュートマシンをサポートする OpenStack へのクラスターのインストール

OpenShift Container Platform バージョン 4.8 では、Single Root I/O Virtualization (SR-IOV) テクノロジーと共にコンピュートマシンを使用できる Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) にクラスターをインストールできます。

12.4.1. 前提条件

  • OpenShift Container Platform のインストールおよび更新プロセスについての詳細を確認します。

    • 「OpenShift クラスターでサポートされるプラットフォーム」のセクションを参照し、OpenShift Container Platform 4.8 がお使いの RHOSP バージョンと互換性があることを確認します。「RHOSP サポートマトリックスの OpenShift Container Platform」を参照して、プラットフォームのサポートを異なるバージョン間で比較することもできます。
  • ネットワーク設定がプロバイダーのネットワークに依存しないことを確認します。プロバイダーネットワークはサポートされません。
  • ブロックストレージ (Cinder) またはオブジェクトストレージ (Swift) などのストレージサービスが RHOSP にインストールされている必要があります。オブジェクトストレージは、OpenShift Container Platform レジストリークラスターデプロイメントに推奨されるストレージ技術です。詳細は、ストレージの最適化 を参照してください。
  • RHOSP でメタデータサービスが有効化されています。