15.7.7. ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーの DNS 解決の検証

OpenShift Container Platform をユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーにインストールする前に、DNS 設定を検証できます。

重要

本セクションの検証手順は、クラスターのインストール前に正常に実行される必要があります。

前提条件

  • ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーに必要な DNS レコードを設定している。

手順

  1. インストールノードから、Kubernetes API、ワイルドカードルート、およびクラスターノードのレコード名に対して DNS ルックアップを実行します。応答に含まれる IP アドレスが正しいコンポーネントに対応することを確認します。

    1. Kubernetes API レコード名に対してルックアップを実行します。結果が API ロードバランサーの IP アドレスを参照することを確認します。

      $ dig +noall +answer @<nameserver_ip> api.<cluster_name>.<base_domain> 1
      1
      <nameserver_ip> をネームサーバーの IP アドレスに、<cluster_name> をクラスター名に、<base_domain> をベースドメイン名に置き換えます。

      出力例

      api.ocp4.example.com.		0	IN	A	192.168.1.5

    2. Kubernetes 内部 API レコード名に対してルックアップを実行します。結果が API ロードバランサーの IP アドレスを参照することを確認します。

      $ dig +noall +answer @<nameserver_ip> api-int.<cluster_name>.<base_domain>

      出力例

      api-int.ocp4.example.com.		0	IN	A	192.168.1.5

    3. *.apps.<cluster_name>.<base_domain> DNS ワイルドカードルックアップの例をテストします。すべてのアプリケーションのワイルドカードルックアップは、アプリケーション Ingress ロードバランサーの IP アドレスに解決する必要があります。

      $ dig +noall +answer @<nameserver_ip> random.apps.<cluster_name>.<base_domain>

      出力例

      random.apps.ocp4.example.com.		0	IN	A	192.168.1.5

      注記

      出力例では、同じロードバランサーが Kubernetes API およびアプリケーションの Ingress トラフィックに使用されます。実稼働のシナリオでは、API およびアプリケーション Ingress ロードバランサーを個別にデプロイし、それぞれのロードバランサーインフラストラクチャーを分離してスケーリングすることができます。

      random は、別のワイルドカード値に置き換えることができます。たとえば、OpenShift Container Platform コンソールへのルートをクエリーできます。

      $ dig +noall +answer @<nameserver_ip> console-openshift-console.apps.<cluster_name>.<base_domain>

      出力例

      console-openshift-console.apps.ocp4.example.com. 0 IN	A 192.168.1.5

    4. ブートストラップ DNS レコード名に対してルックアップを実行します。結果がブートストラップノードの IP アドレスを参照することを確認します。

      $ dig +noall +answer @<nameserver_ip> bootstrap.<cluster_name>.<base_domain>

      出力例

      bootstrap.ocp4.example.com.		0	IN	A	192.168.1.96

    5. この方法を使用して、コントロールプレーンおよびコンピュートノードの DNS レコード名に対してルックアップを実行します。結果が各ノードの IP アドレスに対応していることを確認します。
  2. インストールノードから、ロードバランサーとクラスターノードの IP アドレスに対して逆引きDNSルックアップを実行します。応答に含まれるレコード名が正しいコンポーネントに対応することを確認します。

    1. API ロードバランサーの IP アドレスに対して逆引き参照を実行します。応答に、Kubernetes API および Kubernetes 内部 API のレコード名が含まれていることを確認します。

      $ dig +noall +answer @<nameserver_ip> -x 192.168.1.5

      出力例

      5.1.168.192.in-addr.arpa. 0	IN	PTR	api-int.ocp4.example.com. 1
      5.1.168.192.in-addr.arpa. 0	IN	PTR	api.ocp4.example.com. 2

      1
      Kubernetes 内部 API のレコード名を指定します。
      2
      Kubernetes API のレコード名を指定します。
      注記

      PTR レコードは、OpenShift Container Platform アプリケーションのワイルドカードには必要ありません。アプリケーション Ingress ロードバランサーの IP アドレスに対する逆引き DNS 解決の検証手順は必要ありません。

    2. ブートストラップノードの IP アドレスに対して逆引き参照を実行します。結果がブートストラップノードの DNS レコード名を参照していることを確認します。

      $ dig +noall +answer @<nameserver_ip> -x 192.168.1.96

      出力例

      96.1.168.192.in-addr.arpa. 0	IN	PTR	bootstrap.ocp4.example.com.

    3. この方法を使用して、コントロールプレーンおよびコンピュートノードの IP アドレスに対して逆引きルックアップを実行します。結果が各ノードの DNS レコード名に対応していることを確認します。