7.4.11.2. PXE または iPXE ブートを使用した RHCOS のインストール

PXE または iPXE ブートを使用してマシンに RHCOS をインストールできます。

前提条件

  • クラスターの Ignition 設定ファイルを作成している。
  • 適切なネットワーク、DNS および負荷分散インフラストラクチャーを設定している。
  • 適切な PXE または iPXE インフラストラクチャーを設定していること。
  • お使いのコンピューターからアクセスでき、作成するマシンからもアクセスできる HTTP サーバーがある。
  • ネットワークやディスクパーティションなどのさまざまな機能の設定方法について、高度な RHCOS インストール設定のセクションを確認している。

手順

  1. インストールプログラムが作成したブートストラップ、コントロールプレーン、およびコンピュートノード Ignition 設定ファイルを HTTP サーバーにアップロードします。これらのファイルの URL をメモします。

    重要

    HTTP サーバーに保存する前に、Ignition 設定で設定内容を追加したり、変更したりできます。インストールの完了後にコンピュートマシンをさらにクラスターに追加する予定の場合には、これらのファイルを削除しないでください。

  2. インストールホストから、Ignition 設定ファイルが URL で利用可能であることを確認します。以下の例では、ブートストラップノードの Ignition 設定ファイルを取得します。

    $ curl -k http://<HTTP_server>/bootstrap.ign 1

    出力例

      % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                     Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
      0     0    0     0    0     0      0      0 --:--:-- --:--:-- --:--:--     0{"ignition":{"version":"3.2.0"},"passwd":{"users":[{"name":"core","sshAuthorizedKeys":["ssh-rsa...

    コマンドで bootstrap.ignmaster.ign または worker.ign に置き換え、コントロールプレーンおよびコンピュートノードの Ignition 設定ファイルも利用可能であることを検証します。

  3. RHCOS イメージミラー ページから RHCOS カーネルinitramfs、および rootfs ファイルを取得します。

    重要

    RHCOS アーティファクトは OpenShift Container Platform の各リリースごとに変更されない可能性があります。インストールする OpenShift Container Platform バージョンと等しいか、それ以下のバージョンの内で最も新しいバージョンのアーティファクトをダウンロードする必要があります。この手順で以下に説明されている適切な kernelinitramfs、および rootfs アーティファクトのみを使用します。RHCOS QCOW2 イメージは、このインストールタイプではサポートされません。

    ファイル名には、OpenShift Container Platform のバージョン番号が含まれます。以下の例のようになります。

    • kernel: rhcos-<version>-live-kernel-<architecture>
    • initramfs: rhcos-<version>-live-initramfs.<architecture>.img
    • rootfs: rhcos-<version>-live-rootfs.<architecture>.img
  4. 使用する起動方法に必要な追加ファイルをアップロードします。

    • 従来の PXE の場合、kernel および initramfs ファイルを TFTP サーバーと rootfs ファイルを HTTP サーバーにアップロードします。
    • iPXE の場合、kernelinitramfs、および rootfs ファイルを HTTP サーバーにアップロードします。

      重要

      インストールの完了後にコンピュートマシンをさらにクラスターに追加する予定の場合には、これらのファイルを削除しないでください。

  5. RHCOS のインストール後にマシンがローカルディスクから起動されるようにネットワークブートインフラストラクチャーを設定します。
  6. RHCOS イメージの PXE または iPXE インストールを設定し、インストールを開始します。

    ご使用の環境についての以下の例で示されるメニューエントリーのいずれかを変更し、イメージおよび Ignition ファイルが適切にアクセスできることを確認します。

    • PXE の場合:

      DEFAULT pxeboot
      TIMEOUT 20
      PROMPT 0
      LABEL pxeboot
          KERNEL http://<HTTP_server>/rhcos-<version>-live-kernel-<architecture> 1
          APPEND initrd=http://<HTTP_server>/rhcos-<version>-live-initramfs.<architecture>.img coreos.live.rootfs_url=http://<HTTP_server>/rhcos-<version>-live-rootfs.<architecture>.img coreos.inst.install_dev=/dev/sda coreos.inst.ignition_url=http://<HTTP_server>/bootstrap.ign 2 3
      1 1
      HTTP サーバーにアップロードしたライブ kernel ファイルの場所を指定します。URL は HTTP、TFTP、または FTP である必要があります。HTTPS および NFS はサポートされません。
      2
      複数の NIC を使用する場合、ip オプションに単一インターフェースを指定します。たとえば、eno1 という名前の NIC で DHCP を使用するには、ip=eno1:dhcp を設定します。
      3
      HTTP サーバーにアップロードした RHCOS ファイルの場所を指定します。initrd パラメーター値は initramfs ファイルの場所であり、coreos.live.rootfs_url パラメーター値は rootfs ファイルの場所、また coreos.inst.ignition_url パラメーター値はブートストラップ Ignition 設定ファイルの場所になります。APPEND 行にカーネル引数を追加して、ネットワークやその他の起動オプションを設定することもできます。
      注記

      この設定では、グラフィカルコンソールを使用するマシンでシリアルコンソールアクセスを有効にしません。別のコンソールを設定するには、APPEND 行に 1 つ以上の console= 引数を追加します。たとえば、console=tty0 console=ttyS0 を追加して、最初の PC シリアルポートをプライマリーコンソールとして、グラフィカルコンソールをセカンダリーコンソールとして設定します。詳細は、「How does one set up a serial terminal and/or console in Red Hat Enterprise Linux?」を参照してください。

    • iPXE の場合:

      kernel http://<HTTP_server>/rhcos-<version>-live-kernel-<architecture> initrd=main coreos.live.rootfs_url=http://<HTTP_server>/rhcos-<version>-live-rootfs.<architecture>.img coreos.inst.install_dev=/dev/sda coreos.inst.ignition_url=http://<HTTP_server>/bootstrap.ign 1 2
      initrd --name main http://<HTTP_server>/rhcos-<version>-live-initramfs.<architecture>.img 3
      boot
      1
      HTTP サーバーにアップロードした RHCOS ファイルの場所を指定します。kernel パラメーター値は kernel ファイルの場所であり、initrd=main 引数は UEFI システムでの起動に必要であり、coreos.live.rootfs_url パラメーター値は rootfs ファイルの場所であり、coreos.inst.ignition_url パラメーター値はブートストラップ Ignition 設定ファイルの場所になります。
      2
      複数の NIC を使用する場合、ip オプションに単一インターフェースを指定します。たとえば、eno1 という名前の NIC で DHCP を使用するには、ip=eno1:dhcp を設定します。
      3
      HTTP サーバーにアップロードした initramfs ファイルの場所を指定します。
      注記

      この設定では、グラフィカルコンソールを使用するマシンでシリアルコンソールアクセスを有効にしません。別のコンソールを設定するには、kernel 行に console= 引数を 1 つ以上追加します。たとえば、console=tty0 console=ttyS0 を追加して、最初の PC シリアルポートをプライマリーコンソールとして、グラフィカルコンソールをセカンダリーコンソールとして設定します。詳細は、「How does one set up a serial terminal and/or console in Red Hat Enterprise Linux?」を参照してください。

  7. PXE UEFI を使用する場合は、以下の操作を実行します。

    1. システムの起動に必要な shimx64.efi and grubx64.efi EFI バイナリーと grub.cfg ファイルを指定します。

      • ホストに RHCOS ISO をマウントしてから、images/efiboot.img ファイルをマウントし、必要な EFI バイナリーを展開します。

        $ mkdir -p /mnt/iso
        $ mkdir -p /mnt/efiboot
        $ mount -o loop rhcos-installer.x86_64.iso /mnt/iso
        $ mount -o loop,ro /mnt/iso/images/efiboot.img /mnt/efiboot
      • efiboot.img マウントポイントから、EFI/redhat/shimx64.efi および EFI/redhat/grubx64.efi ファイルを TFTP サーバーにコピーします。

        $ cp /mnt/efiboot/EFI/redhat/shimx64.efi .
        $ cp /mnt/efiboot/EFI/redhat/grubx64.efi .
        $ umount /mnt/efiboot
        $ umount /mnt/iso
      • RHCOS ISO に含まれている EFI/redhat/grub.cfg ファイルを TFTP サーバーにコピーします。
    2. grub.cfg ファイルを編集し、以下のような引数を追加します。

      menuentry 'Install Red Hat Enterprise Linux CoreOS' --class fedora --class gnu-linux --class gnu --class os {
      	linuxefi rhcos-<version>-live-kernel-<architecture> coreos.inst.install_dev=/dev/sda coreos.live.rootfs_url=http://<HTTP_server>/rhcos-<version>-live-rootfs.<architecture>.img coreos.inst.ignition_url=http://<HTTP_server>/bootstrap.ign
      	initrdefi rhcos-<version>-live-initramfs.<architecture>.img
      }

      詳細は以下のようになります。

      rhcos-<version>-live-kernel-<architecture>
      TFTP サーバーにアップロードした kernel ファイルを指定します。
      http://<HTTP_server>/rhcos-<version>-live-rootfs.<architecture>.img
      HTTP サーバーにアップロードしたライブ rootfs イメージの場所を指定します。
      http://<HTTP_server>/bootstrap.ign
      HTTP サーバーにアップロードしたブートストラップ Ignition 設定ファイルの場所を指定します。
      rhcos-<version>-live-initramfs.<architecture>.img
      TFTP サーバーにアップロードした initramfs ファイルの場所を指定します。
      注記

      UEFI ブート用に PXE サーバーを設定する方法は、Red Hat ナレッジベースの記事「How to configure/setup a PXE server for Red Hat Enterprise Linux?」 を参照してください。

  8. マシンのコンソールで RHCOS インストールの進捗を監視します。

    重要

    OpenShift Container Platform のインストールを開始する前に、各ノードでインストールが成功していることを確認します。インストールプロセスを監視すると、発生する可能性のある RHCOS インストールの問題の原因を特定する上でも役立ちます。

  9. RHCOS のインストール後に、システムは再起動します。再起動中、システムは指定した Ignition 設定ファイルを適用します。
  10. クラスターのマシンの作成を続行します。

    重要

    この時点でブートストラップおよびコントロールプレーンマシンを作成する必要があります。コントロールプレーンマシンがデフォルトのスケジュール対象にされていない場合、クラスターのインストール前に少なくとも 2 つのコンピュートマシンを作成します。

    必要なネットワーク、DNS、およびロードバランサーインフラストラクチャーが配置されている場合、OpenShift Container Platform ブートストラッププロセスは RHCOS ノードの再起動後に自動的に起動します。

    注記

    RHCOS ノードには、core ユーザーのデフォルトのパスワードは含まれません。ノードには、ssh core@<node>.<cluster_name>.<base_domain> を、install_config.yaml ファイルで指定したパブリックキーとペアになる SSH プライベートキーへのアクセスのあるユーザーとして実行してアクセスできます。RHCOS を実行する OpenShift Container Platform 4 クラスターノードは変更できず、Operator を使用してクラスターの変更を適用します。SSH を使用したクラスターノードへのアクセスは推奨されません。ただし、インストールの問題を調査する際に、OpenShift Container Platform API が利用できない場合や、kubelet がターゲットノードで適切に機能しない場合、デバッグまたは障害復旧に SSH アクセスが必要になることがあります。