11.3.8.5. 3 ノードクラスターの設定

オプションで、ゼロ (0) コンピュートマシンを 3 つのコントロールプレーンマシンのみで構成されるベアメタルクラスターにデプロイできます。これにより、テスト、開発、および実稼働に使用するための小規模なリソース効率の高いクラスターが、クラスター管理者および開発者に提供されます。

3 ノードの OpenShift Container Platform 環境では、3 つのコントロールプレーンマシンがスケジュール対象となります。つまり、アプリケーションのワークロードがそれらで実行されるようにスケジュールされます。

前提条件

  • 既存の install-config.yaml ファイルがある。

手順

  • 以下の compute スタンザに示されるように、コンピュートレプリカの数が install-config.yaml ファイルで 0 に設定されることを確認します。

    compute:
    - name: worker
      platform: {}
      replicas: 0
    注記

    デプロイするコンピュートマシンの数にかかわらず、OpenShift Container Platform をユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーにインストールする際に、コンピュートマシンの replicas パラメーターの値を 0 に設定する必要があります。インストーラーでプロビジョニングされるインストールでは、パラメーターはクラスターが作成し、管理するコンピュートマシンの数を制御します。これは、コンピュートマシンが手動でデプロイされる、ユーザーによってプロビジョニングされるインストールには適用されません。

    注記

    コントロールプレーンノードの推奨リソースは 6 vCPU および 21 GB です。コントロールプレーンノードが 3 つの場合には、これは最小の 5 ノードクラスターと同等のメモリー + vCPU です。3 つのノードをバックする必要があります。それぞれに、SMT2 が有効な IFL が 3 つ含まれる 120 GB ディスクにインストールします。各コントロールプレーンノードのテスト済みの最小設定とは、120 GB ディスクに 3 つの vCPU および 10 GB が指定された設定です。

3 ノードのクラスターのインストールについては、以下の手順を実行します。

  • ゼロ (0) コンピュートノードで 3 ノードクラスターをデプロイする場合、Ingress コントローラー Pod はコントロールプレーンノードで実行されます。3 ノードクラスターデプロイメントでは、HTTP および HTTPS トラフィックをコントロールプレーンノードにルーティングするようにアプリケーション Ingress ロードバランサーを設定する必要があります。詳細は、「ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーの負荷分散要件」のセクションを参照してください。
  • 以下の手順で Kubernetes マニフェストファイルを作成する際に、<installation_directory>/manifests/cluster-scheduler-02-config.yml ファイルの mastersSchedulable パラメーターが true に設定されていることを確認します。これにより、アプリケーションのワークロードがコントロールプレーンノードで実行できます。
  • Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) マシンを作成する際にはコンピュートノードをデプロイしないでください。