12.2.9.7. ベアメタルマシンを使用したクラスターのデプロイ

クラスターでベアメタルマシンを使用する必要がある場合は、install-config.yaml ファイルを変更します。クラスターには、ベアメタル上でコントロールプレーンとコンピュートマシンの両方を実行させることも、コンピュートマシンのみを実行させることもできます。

ベアメタルコンピュートマシンは、Kuryr を使用するクラスターではサポートされません。

注記

install-config.yaml ファイルで、ベアメタルワーカーに使用する RHOSP ネットワークが Floating IP アドレスをサポートするかどうかが反映されていることを確認します。

前提条件

  • RHOSP のベアメタルサービス (Ironic) は有効にされており、RHOSP Compute API でアクセスできる。
  • ベアメタルは RHOSP フレーバー として利用可能である。
  • RHOSP ネットワークは、仮想マシンとベアメタルサーバー接続の両方をサポートする。
  • ネットワーク設定は、プロバイダーのネットワークに依存しません。プロバイダーネットワークはサポートされません。
  • マシンを既存のネットワークにデプロイする必要がある場合、RHOSP サブネットがプロビジョニングされる。
  • マシンをインストーラーでプロビジョニングされるネットワークに場合、RHOSP ベアメタルサービス (Ironic) はテナントネットワークで実行される Preboot eXecution Environment (PXE) ブートマシンをリッスンし、これと対話できます。
  • install-config.yaml ファイルを OpenShift Container Platform インストールプログラムの一部として作成している。

手順

  1. install-config.yaml ファイルで、マシンのフレーバーを編集します。

    1. ベアメタルのコントロールプレーンマシンを使用する必要がある場合は、controlPlane.platform.openstack.type の値をベアメタルフレーバーに変更します。
    2. compute.platform.openstack.type の値をベアメタルフレーバーに変更します。
    3. 既存のネットワークにマシンをデプロイする場合は、platform.openstack.machinesSubnet の値をネットワークの RHOSP サブネット UUID に変更します。コントロールプレーンおよびコンピュートマシンは同じサブネットを使用する必要があります。

      ベアメタルの install-config.yaml のサンプルファイル

      controlPlane:
          platform:
            openstack:
              type: <bare_metal_control_plane_flavor> 1
      ...
      
      compute:
        - architecture: amd64
          hyperthreading: Enabled
          name: worker
          platform:
            openstack:
              type: <bare_metal_compute_flavor> 2
          replicas: 3
      ...
      
      platform:
          openstack:
            machinesSubnet: <subnet_UUID> 3
      ...

      1
      ベアメタルのコントロールプレーンマシンを使用する必要がある場合は、この値をベアメタルのフレーバーに変更します。
      2
      この値を、コンピュートマシンに使用するベアメタルのフレーバーに変更します。
      3
      既存のネットワークを使用する必要がある場合は、この値を RHOSP サブネットの UUID に変更します。

更新された install-config.yaml ファイルを使用してインストールプロセスを完了します。デプロイメント時に作成されるコンピュートマシンは、ファイルに追加したフレーバーを使用します。

注記

インストーラーは、ベアメタルマシンの起動中にタイムアウトする可能性があります。

インストーラーがタイムアウトした場合は、インストーラーの wait-for コマンドを使用してデプロイメントを再起動してからデプロイメントを完了します。以下は例になります。

./openshift-install wait-for install-complete --log-level debug