9.3.15. Operator の初期設定

コントロールプレーンの初期化後に、一部の Operator を利用可能にするためにそれらをすぐに設定する必要があります。

前提条件

  • コントロールプレーンが初期化されています。

手順

  1. クラスターコンポーネントがオンラインになることを確認します。

    $ watch -n5 oc get clusteroperators

    出力例

    NAME                                       VERSION   AVAILABLE   PROGRESSING   DEGRADED   SINCE
    authentication                             4.8.2     True        False         False      19m
    baremetal                                  4.8.2     True        False         False      37m
    cloud-credential                           4.8.2     True        False         False      40m
    cluster-autoscaler                         4.8.2     True        False         False      37m
    config-operator                            4.8.2     True        False         False      38m
    console                                    4.8.2     True        False         False      26m
    csi-snapshot-controller                    4.8.2     True        False         False      37m
    dns                                        4.8.2     True        False         False      37m
    etcd                                       4.8.2     True        False         False      36m
    image-registry                             4.8.2     True        False         False      31m
    ingress                                    4.8.2     True        False         False      30m
    insights                                   4.8.2     True        False         False      31m
    kube-apiserver                             4.8.2     True        False         False      26m
    kube-controller-manager                    4.8.2     True        False         False      36m
    kube-scheduler                             4.8.2     True        False         False      36m
    kube-storage-version-migrator              4.8.2     True        False         False      37m
    machine-api                                4.8.2     True        False         False      29m
    machine-approver                           4.8.2     True        False         False      37m
    machine-config                             4.8.2     True        False         False      36m
    marketplace                                4.8.2     True        False         False      37m
    monitoring                                 4.8.2     True        False         False      29m
    network                                    4.8.2     True        False         False      38m
    node-tuning                                4.8.2     True        False         False      37m
    openshift-apiserver                        4.8.2     True        False         False      32m
    openshift-controller-manager               4.8.2     True        False         False      30m
    openshift-samples                          4.8.2     True        False         False      32m
    operator-lifecycle-manager                 4.8.2     True        False         False      37m
    operator-lifecycle-manager-catalog         4.8.2     True        False         False      37m
    operator-lifecycle-manager-packageserver   4.8.2     True        False         False      32m
    service-ca                                 4.8.2     True        False         False      38m
    storage                                    4.8.2     True        False         False      37m

  2. 利用不可の Operator を設定します。

9.3.15.1. デフォルトの OperatorHub ソースの無効化

Red Hat によって提供されるコンテンツを調達する Operator カタログおよびコミュニティープロジェクトは、OpenShift Container Platform のインストール時にデフォルトで OperatorHub に設定されます。ネットワークが制限された環境では、クラスター管理者としてデフォルトのカタログを無効にする必要があります。

手順

  • disableAllDefaultSources: trueOperatorHub オブジェクトに追加して、デフォルトカタログのソースを無効にします。

    $ oc patch OperatorHub cluster --type json \
        -p '[{"op": "add", "path": "/spec/disableAllDefaultSources", "value": true}]'
ヒント

または、Web コンソールを使用してカタログソースを管理できます。AdministrationCluster SettingsGlobal ConfigurationOperatorHub ページから、Sources タブをクリックして、個別のソースを作成し、削除し、無効にし、有効にすることができます。