15.8.6.4. ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーのネットワーク要件

すべての Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) マシンでは、起動時に initramfs でネットワークを設定し、Ignition 設定ファイルをフェッチする必要があります。

初回の起動時に、Ignition 設定ファイルをダウンロードできるようネットワーク接続を確立するために、マシンには HTTP または HTTPS サーバーが必要になります。

マシンは静的 IP アドレスで設定されます。DHCP サーバーは必要ありません。マシンに永続 IP アドレスおよびホスト名があることを確認します。

Kubernetes API サーバーはクラスターマシンのノード名を解決できる必要があります。API サーバーおよびワーカーノードが異なるゾーンに置かれている場合、デフォルトの DNS 検索ゾーンを、API サーバーでノード名を解決できるように設定することができます。もう 1 つの実行可能な方法として、ノードオブジェクトとすべての DNS 要求の両方において、ホストを完全修飾ドメイン名で常に参照します。

15.8.6.4.1. ネットワーク接続の要件

OpenShift Container Platform クラスターのコンポーネントが通信できるように、マシン間のネットワーク接続を設定する必要があります。すべてのマシンではクラスターの他のすべてのマシンのホスト名を解決できる必要があります。

本セクションでは、必要なポートの詳細を説明します。

重要

接続された OpenShift Container Platform 環境では、プラットフォームコンテナーのイメージをプルし、Telemetry データを Red Hat に提供するために、すべてのノードにインターネットへのアクセスが必要です。

表15.55 すべてのマシンからすべてのマシンへの通信に使用されるポート

プロトコルポート詳細

ICMP

該当なし

ネットワーク到達性のテスト

TCP

1936

メトリクス

9000-9999

ホストレベルのサービス。 ポート 9100-9101 のノードエクスポーター、ポート 9099 の Cluster Version Operator が含まれます。

10250-10259

Kubernetes が予約するデフォルトポート

10256

openshift-sdn

UDP

4789

VXLAN および Geneve

6081

VXLAN および Geneve

9000-9999

ポート 9100-9101 のノードエクスポーターを含む、ホストレベルのサービス。

TCP/UDP

30000-32767

Kubernetes ノードポート

表15.56 すべてのマシンからコントロールプレーンへの通信に使用されるポート

プロトコルポート詳細

TCP

6443

Kubernetes API

表15.57 コントロールプレーンマシンからコントロールプレーンマシンへの通信に使用されるポート

プロトコルポート詳細

TCP

2379-2380

etcd サーバーおよびピアポート

ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーの NTP 設定

OpenShift Container Platform クラスターは、デフォルトでパブリック Network Time Protocol (NTP) サーバーを使用するように設定されます。ローカルのエンタープライズ NTP サーバーを使用する必要があるか、またはクラスターが切断されたネットワークにデプロイされている場合は、特定のタイムサーバーを使用するようにクラスターを設定できます。詳細は、chrony タイムサービスの設定 のドキュメントを参照してください。