10.3.11. RHCOS のインストールおよび OpenShift Container Platform ブートストラッププロセスの開始

OpenShift Container Platform をプロビジョニングする IBM Z インフラストラクチャーにインストールするには、Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) を Red Hat Enterprise Linux (RHEL) ゲスト仮想マシンとしてインストールする必要があります。RHCOS のインストール時に、インストールするマシンのタイプについて OpenShift Container Platform インストールプログラムによって生成された Ignition 設定ファイルを指定する必要があります。適切なネットワーク、DNS、および負荷分散インフラストラクチャーが設定されている場合、OpenShift Container Platform ブートストラッププロセスは RHCOS マシンの再起動後に自動的に開始されます。

事前にパッケージ化された QEMU コピーオンライト (QCOW2) ディスクイメージを使用する RHCOS の高速インストールを実行できます。または、新規の QCOW2 ディスクイメージでフルインストールを実行できます。

10.3.11.1. 事前にパッケージ化された QCOW2 ディスクイメージを使用した高速インストール

Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) の高速インストールでマシンを作成するには、事前にパッケージ化された Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS )QEMU コピーオンライト (QCOW2) ディスクイメージをインポートします。

前提条件

  • KVM を使用して RHEL 8.3 を実行している 1 つ以上の LPAR(この手順では RHEL KVM ホストと呼ばれます)。
  • KVM/QEMU ハイパーバイザーが RHEL KVM ホストにインストーされている
  • ノードのホスト名および逆引き参照を実行できるドメインネームサーバー (DNS)。
  • IP アドレスを提供する DHCP サーバー。

手順

  1. Red Hat カスタマーポータルの「製品のダウンロード」ページまたは「 RHCOS イメージミラー」ページから RHEL QEMU コピーオンライト (QCOW2) ディスクイメージファイルを取得します。

    重要

    RHCOS イメージは OpenShift Container Platform の各リリースごとに変更されない可能性があります。インストールする OpenShift Container Platform バージョンと等しいか、それ以下のバージョンの内で最も新しいバージョンのイメージをダウンロードする必要があります。この手順で説明されている適切な RHCOS QCOW2 イメージのみを使用します。

  2. QCOW2 ディスクイメージおよび Ignition ファイルを RHEL KVM ホストの共通ディレクトリーにダウンロードします。

    例: /var/lib/libvirt/images

    注記

    Ignition ファイルは OpenShift Container Platform インストーラーによって生成されます。

  3. 各 KVM ゲストノードの QCOW2 ディスクイメージバッキングファイルで、新しいディスクイメージを作成します。

    $ qemu-img create -f qcow2 -F qcow2 -b /var/lib/libvirt/images/{source_rhcos_qemu} /var/lib/libvirt/images/{vmname}.qcow2 {size}
  4. Ignition ファイルと新規ディスクイメージを使用して、新規 KVM ゲストノードを作成します。

    $ virt-install --noautoconsole \
       --connect qemu:///system \
       --name {vn_name} \
       --memory {memory} \
       --vcpus {vcpus} \
       --disk {disk} \
       --import \
       --network network={network},mac={mac} \
       --qemu-commandline="-drive \
    if=none,id=ignition,format=raw,file={ign_file},readonly=on -device virtio-blk,serial=ignition,drive=ignition"