10.2.3.11. ユーザーによってプロビジョニングされる DNS 要件

OpenShift Container Platform のデプロイメントでは、以下のコンポーネントに DNS 名前解決が必要です。

  • The Kubernetes API
  • OpenShift Container Platform のアプリケーションワイルドカード
  • ブートストラップ、コントロールプレーンおよびコンピュートマシン

また、Kubernetes API、ブートストラップマシン、コントロールプレーンマシン、およびコンピュートマシンに逆引き DNS 解決も必要です。

DNS A/AAAA または CNAME レコードは名前解決に使用され、PTR レコードは逆引き名前解決に使用されます。ホスト名が DHCP によって提供されていない場合は、Red Hat Enterprise Linux CoreOS (RHCOS) は逆引きレコードを使用してすべてのノードのホスト名を設定するため、逆引きレコードは重要です。さらに、逆引きレコードは、OpenShift Container Platform が動作するために必要な証明書署名要求 (CSR) を生成するために使用されます。

以下の DNS レコードは、ユーザーによってプロビジョニングされる OpenShift Container Platform クラスターに必要で、これはインストール前に設定されている必要があります。各レコードで、<cluster_name> はクラスター名で、<base_domain> は、install-config.yaml ファイルに指定するベースドメインです。完全な DNS レコードは <component>.<cluster_name>.<base_domain>. の形式を取ります。

表10.5 必要な DNS レコード

コンポーネントレコード詳細

Kubernetes API

api.<cluster_name>.<base_domain>.

API ロードバランサーを特定するための DNS A/AAAA または CNAME レコード、および DNS PTR レコード。これらのレコードは、クラスター外のクライアントおよびクラスター内のすべてのノードで解決できる必要があります。

api-int.<cluster_name>.<base_domain>.

API ロードバランサーを内部的に識別するための DNS A/AAAA または CNAME レコード、および DNS PTR レコード。これらのレコードは、クラスター内のすべてのノードで解決できる必要があります。

重要

API サーバーは、Kubernetes に記録されるホスト名でワーカーノードを解決できる必要があります。API サーバーがノード名を解決できない場合、プロキシーされる API 呼び出しが失敗し、Pod からログを取得できなくなる可能性があります。

ルート

*.apps.<cluster_name>.<base_domain>.

アプリケーション Ingress ロードバランサーを参照するワイルドカード DNS A/AAAA または CNAME レコード。アプリケーション Ingress ロードバランサーは、Ingress コントローラー Pod を実行するマシンをターゲットにします。Ingress コントローラー Pod はデフォルトでコンピュートマシンで実行されます。これらのレコードは、クラスター外のクライアントおよびクラスター内のすべてのノードで解決できる必要があります。

たとえば、console-openshift-console.apps.<cluster_name>.<base_domain> は、OpenShift Container Platform コンソールへのワイルドカードルートとして使用されます。

ブートストラップマシン

bootstrap.<cluster_name>.<base_domain>.

ブートストラップマシンを識別するための DNS A / AAAA または CNAME レコード、および DNS PTR レコード。これらのレコードは、クラスター内のノードで解決できる必要があります。

コントロールプレーンマシン

<master><n>.<cluster_name>.<base_domain>.

コントロールプレーンノード (別名マスターノード) の各マシンを識別するための DNS A/AAAA または CNAME レコードと DNS PTR レコード。これらのレコードは、クラスター内のノードで解決できる必要があります。

コンピュートマシン

<worker><n>.<cluster_name>.<base_domain>.

ワーカーノードの各マシンを特定するための DNS A/AAAA または CNAME レコード、および DNS PTR レコード。これらのレコードは、クラスター内のノードで解決できる必要があります。

注記

OpenShift Container Platform 4.4 以降では、DNS 設定で etcd ホストおよび SRV レコードを指定する必要はありません。

ヒント

dig コマンドを使用して、名前および逆引き名前解決を確認することができます。検証手順の詳細は、「ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーの DNS 解決の検証」のセクションを参照してください。

10.2.3.11.1. ユーザーによってプロビジョニングされるクラスターの DNS 設定の例

このセクションでは、ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーに OpenShift Container Platform をデプロイするための DNS 要件を満たす A および PTR レコード設定サンプルを提供します。サンプルは、特定の DNS ソリューションを選択するためのアドバイスを提供することを目的としていません。

この例では、クラスター名は ocp4 で、ベースドメインは example.com です。

ユーザーによってプロビジョニングされるクラスターの DNS A レコードの設定例

BIND ゾーンファイルの以下の例は、ユーザーによってプロビジョニングされるクラスターの名前解決の A レコードの例を示しています。

例10.1 DNS ゾーンデータベースのサンプル

$TTL 1W
@	IN	SOA	ns1.example.com.	root (
			2019070700	; serial
			3H		; refresh (3 hours)
			30M		; retry (30 minutes)
			2W		; expiry (2 weeks)
			1W )		; minimum (1 week)
	IN	NS	ns1.example.com.
	IN	MX 10	smtp.example.com.
;
;
ns1.example.com.		IN	A	192.168.1.5
smtp.example.com.		IN	A	192.168.1.5
;
helper.example.com.		IN	A	192.168.1.5
helper.ocp4.example.com.	IN	A	192.168.1.5
;
api.ocp4.example.com.		IN	A	192.168.1.5 1
api-int.ocp4.example.com.	IN	A	192.168.1.5 2
;
*.apps.ocp4.example.com.	IN	A	192.168.1.5 3
;
bootstrap.ocp4.example.com.	IN	A	192.168.1.96 4
;
master0.ocp4.example.com.	IN	A	192.168.1.97 5
master1.ocp4.example.com.	IN	A	192.168.1.98 6
master2.ocp4.example.com.	IN	A	192.168.1.99 7
;
worker0.ocp4.example.com.	IN	A	192.168.1.11 8
worker1.ocp4.example.com.	IN	A	192.168.1.7 9
;
;EOF
1
Kubernetes API の名前解決を提供します。レコードは API ロードバランサーの IP アドレスを参照します。
2
Kubernetes API の名前解決を提供します。レコードは API ロードバランサーの IP アドレスを参照し、内部クラスター通信に使用されます。
3
ワイルドカードルートの名前解決を提供します。レコードは、アプリケーション Ingress ロードバランサーの IP アドレスを参照します。アプリケーション Ingress ロードバランサーは、Ingress コントローラー Pod を実行するマシンをターゲットにします。Ingress コントローラー Pod はデフォルトでコンピュートマシンで実行されます。
注記

この例では、同じロードバランサーが Kubernetes API およびアプリケーションの Ingress トラフィックに使用されます。実稼働のシナリオでは、API およびアプリケーション Ingress ロードバランサーを個別にデプロイし、それぞれのロードバランサーインフラストラクチャーを分離してスケーリングすることができます。

4
ブートストラップマシンの名前解決を提供します。
5 6 7
コントロールプレーンマシンの名前解決を提供します。
8 9
コンピュートマシンの名前解決を提供します。

ユーザーによってプロビジョニングされるクラスターの DNS PTR レコードの設定例

以下の BIND ゾーンファイルの例では、ユーザーによってプロビジョニングされるクラスターの逆引き名前解決の PTR レコードの例を示しています。

例10.2 逆引きレコードの DNS ゾーンデータベースの例

$TTL 1W
@	IN	SOA	ns1.example.com.	root (
			2019070700	; serial
			3H		; refresh (3 hours)
			30M		; retry (30 minutes)
			2W		; expiry (2 weeks)
			1W )		; minimum (1 week)
	IN	NS	ns1.example.com.
;
5.1.168.192.in-addr.arpa.	IN	PTR	api.ocp4.example.com. 1
5.1.168.192.in-addr.arpa.	IN	PTR	api-int.ocp4.example.com. 2
;
96.1.168.192.in-addr.arpa.	IN	PTR	bootstrap.ocp4.example.com. 3
;
97.1.168.192.in-addr.arpa.	IN	PTR	master0.ocp4.example.com. 4
98.1.168.192.in-addr.arpa.	IN	PTR	master1.ocp4.example.com. 5
99.1.168.192.in-addr.arpa.	IN	PTR	master2.ocp4.example.com. 6
;
11.1.168.192.in-addr.arpa.	IN	PTR	worker0.ocp4.example.com. 7
7.1.168.192.in-addr.arpa.	IN	PTR	worker1.ocp4.example.com. 8
;
;EOF
1
Kubernetes API の逆引き DNS 解決を提供します。PTR レコードは、API ロードバランサーのレコード名を参照します。
2
Kubernetes API の逆引き DNS 解決を提供します。PTR レコードは、API ロードバランサーのレコード名を参照し、内部クラスター通信に使用されます。
3
ブートストラップマシンの逆引き DNS 解決を提供します。
4 5 6
コントロールプレーンマシンの逆引き DNS 解決を提供します。
7 8
コンピュートマシンの逆引き DNS 解決を提供します。
注記

PTR レコードは、OpenShift Container Platform アプリケーションのワイルドカードには必要ありません。