4.12.11. ストリームメタデータを使用した RHCOS AMI へのアクセス

OpenShift Container Platform では、ストリームメタデータ は、JSON 形式で RHCOS に関する標準化されたメタデータを 提供し、メタデータをクラスターに挿入します。ストリームメタデータは、複数のアーキテクチャーをサポートする安定した形式で、自動化を維持するための自己文書化が意図されています。

openshift-installcoreos print-stream-json サブコマンドを使用して、ストリームメタデータ形式のブートイメージに関する情報にアクセスできます。このコマンドは、スクリプト可能でマシン読み取り可能な形式でストリームメタデータを出力する方法を提供します。

ユーザーによってプロビジョニングされるインストールの場合、openshift-install バイナリーには、AWS AMI などの OpenShift Container Platform での使用がテストされている RHCOS ブートイメージのバージョンへの参照が含まれます。

手順

ストリームメタデータを解析するには、以下のいずれかの方法を使用します。

  • Go プログラムから、https://github.com/coreos/stream-metadata-go の公式の stream-metadata-go ライブラリーを使用します。ライブラリーでサンプルコードを確認することもできます。
  • Python や Ruby などの別のプログラミング言語から、お好みのプログラミング言語の JSON ライブラリーを使用します。
  • jq などの JSON データを処理するコマンドラインユーティリティーから、以下のコマンドを実行します。

    • us-west-1 などの、AWS リージョンの現在の x86_64 AMI を出力します。

      $ openshift-install coreos print-stream-json | jq -r '.architectures.x86_64.images.aws.regions["us-west-1"].image'

      出力例

      ami-0d3e625f84626bbda

      このコマンドの出力は、us-west-1 リージョンの AWS AMI ID です。AMI はクラスターと同じリージョンに属する必要があります。