第12章 OpenStack へのインストール

12.1. OpenStack へのインストールの準備

12.1.1. 前提条件

12.1.2. OpenStack に OpenShift Container Platform をインストールする方法の選択

OpenShift Container Platform をインストーラーまたはユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーにインストールすることができます。デフォルトのインストールタイプは、インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用します。この場合、インストールプログラムがクラスターの基礎となるインフラストラクチャーをプロビジョニングします。OpenShift Container Platform は、ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーにインストールすることもできます。インストールプログラムがプロビジョニングするインフラストラクチャーを使用しない場合は、クラスターリソースをユーザー自身で管理し、維持する必要があります。

インストーラーおよびユーザーによってプロビジョニングされるインストールプロセスの詳細は、「インストールプロセス」を参照してください。

12.1.2.1. インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーへのクラスターのインストール

以下の方法のいずれかを使用して、OpenShift Container Platform インストールプログラムでプロビジョニングされる Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) インフラストラクチャーに、クラスターをインストールできます。

  • カスタマイズによる OpenStack へのクラスターのインストール: カスタマイズされたクラスターを RHOSP にインストールできます。インストールプログラムは、インストールの段階で一部のカスタマイズを適用できるようにします。その他の数多くのカスタマイズオプションは、インストール後 に利用できます。
  • Kuryr を使用した OpenStack へのクラスターのインストール: Kuryr SDN を使用する RHOSP にカスタマイズされた OpenShift Container Platform クラスターをインストールできます。Kuryr と OpenShift Container Platform の統合は主に、RHOSP の仮想マシンで実行する OpenShift Container Platform クラスター用に設計されました。Kuryr は、OpenShift Container Platform Pod を RHOSP SDN にプラグインしてネットワークのパフォーマンスを強化します。さらに、これは Pod と RHOSP 仮想インスタンス間の接続を可能にします。
  • ネットワークが制限された環境での OpenStack へのクラスターのインストール: インストールリリースコンテンツの内部ミラーを作成して、OpenShift Container Platform をネットワークが制限された環境またはネットワークの非接続環境で RHOSP にインストールできます。この方法を使用して、ソフトウェアコンポーネントを取得するためにアクティブなインターネット接続を必要としないクラスターをインストールできます。また、このインストール方法を使用して、クラスターが外部コンテンツに対する組織の制御の条件を満たすコンテナーイメージのみを使用するようにすることもできます。

12.1.2.2. ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーへのクラスターのインストール

以下の方法のいずれかを使用して、独自にプロビジョニングする RHOSP インフラストラクチャーにクラスターをインストールできます。