第4章 AWS へのインストール

4.1. AWS へのインストールの準備

4.1.1. 前提条件

4.1.2. OpenShift Container Platform OpenStack の AWS へのインストールについての要件

OpenShift Container Platform を Amazon Web Services (AWS) にインストールする前に、AWS アカウントを作成する必要があります。アカウント、アカウントの制限、アカウントのパーミッション、IAM ユーザーセットアップ、およびサポートされている AWS リージョンの設定についての詳細は、「AWS アカウントの設定」を参照してください。

ご使用の環境でクラウドアイデンティティーおよびアクセス管理 (IAM) API にアクセスできない場合や、管理者レベルの認証情報シークレットを kube-system namespace に保存することを望まない場合は、「Amazon Web Services Security Token Service (AWS STS) を使用するための Cloud Credential Operator (CCO) の設定」を含む、他のオプションについて「AWS の IAM の手動作成」を参照してください。

4.1.3. AWS に OpenShift Container Platform をインストールする方法の選択

OpenShift Container Platform をインストーラーまたはユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーにインストールすることができます。デフォルトのインストールタイプは、インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用します。この場合、インストールプログラムがクラスターの基礎となるインフラストラクチャーをプロビジョニングします。OpenShift Container Platform は、ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーにインストールすることもできます。インストールプログラムがプロビジョニングするインフラストラクチャーを使用しない場合は、クラスターリソースをユーザー自身で管理し、維持する必要があります。

インストーラーおよびユーザーによってプロビジョニングされるインストールプロセスの詳細は、「インストールプロセス」を参照してください。

4.1.3.1. インストーラーでプロビジョニングされるインフラストラクチャーへのクラスターのインストール

以下の方法のいずれかを使用して、OpenShift Container Platform インストールプログラムでプロビジョニングされる AWS インフラストラクチャーに、クラスターをインストールできます。

4.1.3.2. ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーへのクラスターのインストール

以下の方法のいずれかを使用して、独自にプロビジョニングする AWS インフラストラクチャーにクラスターをインストールできます。

  • 独自に提供する AWS インフラストラクチャーへのクラスターのインストール: 独自に提供する AWS インフラストラクチャーに OpenShift Container Platform をインストールできます。提供される CloudFormation テンプレートを使用して、OpenShift Container Platform インストールに必要な各コンポーネントを表す AWS リソースのスタックを作成できます。
  • ユーザーによってプロビジョニングされるインフラストラクチャーを使用したネットワークが制限された環境での AWS へのクラスターのインストール: インストールリリースコンテンツの内部ミラーを使用して、独自に提供する AWS インフラストラクチャーに OpenShift Container Platform をインストールできます。この方法を使用して、ソフトウェアコンポーネントを取得するためにアクティブなインターネット接続を必要としないクラスターをインストールできます。また、このインストール方法を使用して、クラスターが外部コンテンツに対する組織の制御の条件を満たすコンテナーイメージのみを使用するようにすることもできます。ミラーリングされたコンテンツを使用して OpenShift Container Platform をインストールすることは可能ですが、クラスターが AWS API を使用するにはインターネットへのアクセスが必要です。

4.1.4. 次のステップ