5.2. イメージのタグ付け

以下のセクションでは、OpenShift Container Platform イメージストリームおよびそれらのタグを操作するためにコンテナーイメージのコンテキストでイメージタグを使用する概要および方法について説明します。

5.2.1. イメージタグ

イメージタグは、イメージストリーム内の他のイメージから特定のイメージを識別するリポジトリーのコンテナーイメージに適用されるラベルです。通常、タグはある種のバージョン番号を表します。たとえば、ここでは :v3.11.59-2 がタグになります。

registry.access.redhat.com/openshift3/jenkins-2-rhel7:v3.11.59-2

イメージにタグを追加することができます。たとえば、イメージには :v3.11.59-2 および :latest というタグが割り当てられる可能性があります。

OpenShift Container Platform は docker tag コマンドに似た oc tag コマンドを提供しますが、これらはイメージ上で直接動作するのではなくイメージストリームで動作します。