5.4.3. グローバルクラスターのプルシークレットの更新

現在のプルシークレットを置き換えるか、新しいプルシークレットを追加することで、クラスターのグローバルプルシークレットを更新できます。

重要

クラスタを別の所有者に転送するには、まずRed Hat OpenShift Cluster Managerで転送を開始し、クラスタ上のプルシークレットを更新する必要があります。OpenShift Cluster Managerで転送を開始せずにクラスターのプルシークレットを更新すると、クラスターがOpenShift Cluster ManagerでTelemetryメトリクスを報告しなくなるという問題がありました。

クラスターの所有権の移転の詳細については、Red Hat OpenShift Cluster Manager ドキュメントの「クラスターの所有権の移転」を参照してください。

警告

クラスターリソースは新規のプルシークレットに合わせて調整する必要がありますが、これにより、クラスターのユーザビリティーが一時的に制限される可能性があります。

前提条件

  • cluster-admin ロールを持つユーザーとしてクラスターにアクセスできる。

手順

  1. オプション: 既存のプルシークレットに新しいプルシークレットを追加するには、以下の手順を実行します。

    1. 以下のコマンドを入力してプルシークレットをダウンロードします。

      $ oc get secret/pull-secret -n openshift-config --template='{{index .data ".dockerconfigjson" | base64decode}}' ><pull_secret_location> 1
      1
      プルシークレットファイルへのパスを指定します。
    2. 以下のコマンドを実行して、新しいプルシークレットを追加します。

      $ oc registry login --registry="<registry>" \ 1
      --auth-basic="<username>:<password>" \ 2
      --to=<pull_secret_location> 3
      1
      新しいレジストリーを指定します。
      2
      新しいレジストリーの認証情報を指定します。
      3
      プルシークレットファイルへのパスを指定します。

      または、プルシークレットファイルを手動で更新することもできます。

  2. 以下のコマンドを実行して、クラスターのグローバルプルシークレットを更新します。

    $ oc set data secret/pull-secret -n openshift-config --from-file=.dockerconfigjson=<pull_secret_location> 1
    1
    新規プルシークレットファイルへのパスを指定します。

    この更新はすべてのノードにロールアウトされます。これには、クラスターのサイズに応じて多少時間がかかる場合があります。

    注記

    OpenShift Container Platform 4.7.4 の時点で、グローバルプルシークレットへの変更によってノードドレインまたは再起動がトリガーされなくなりました。