4.4. Source-to-Image イメージのテストについて

Source-to-Image (S2I) ビルダーイメージの作成者は、S2I イメージをローカルでテストして、自動テストや継続的な統合に OpenShift Container Platform ビルドシステムを使用できます。

S2I ビルドを正常に実行するには、S2I に assemblerun スクリプトが必要です。S2I 外のコンテナーイメージを実行した場合に、save-artifacts スクリプトがあると、ビルドのアーティファクトが再利用され、usage スクリプトがあると、使用についての情報がコンソールに出力されるようになります。

S2I イメージのテストは、ベースのコンテナーイメージを変更したり、コマンドが使用するツールが更新されたりした場合でも、上記のコマンドが正しく機能することを確認するのが目的です。

4.4.1. テスト要件について

test スクリプトは、基本的に test/run に配置されます。このスクリプトは、OpenShift Container Platform S2I イメージビルダーが呼び出し、単純な Bash スクリプトか静的な Go バイナリーのいずれかの形式を取ることができます。

test/run スクリプトは S2I ビルドを実行するので、S2I バイナリーを $PATH で利用可能にしておく必要があります。必要に応じて、S2I README のインストール手順に従います。

S2I は、アプリケーションのソースコードおよびビルダーイメージを統合します。これをテストするには、ソースが実行可能なコンテナーイメージに変換されることを検証するためのサンプルアプリケーションのソースが必要です。サンプルアプリケーションは単純なものである必要がありますが、assemble および run スクリプトの重要な手順を実行できる必要があります。