4.4.4. テストの基本的なワークフロー

test スクリプトは、テストするイメージをすでにビルドしていることが前提です。必要に応じて、以下のコマンドで S2I イメージを先にビルドしてください。以下のいずれかのコマンドを実行してください。

  • Podman を使用する場合は、以下のコマンドを実行します。

    $ podman build -t <builder_image_name>
  • Docker を使用する場合は、以下のコマンドを実行します。

    $ docker build -t <builder_image_name>

以下の手順では、S2I イメージビルダーをテストするデフォルトのワークフローを説明しています。

  1. usage スクリプトが機能していることを確認します。

    • Podman を使用する場合は、以下のコマンドを実行します。

      $ podman run <builder_image_name> .
    • Docker を使用する場合は、以下のコマンドを実行します。

      $ docker run <builder_image_name> .
  2. イメージをビルドします。

    $ s2i build file:///path-to-sample-app _<BUILDER_IMAGE_NAME>_ _<OUTPUT_APPLICATION_IMAGE_NAME>_
  3. オプション: save-artifacts をサポートする場合には、再度手順 2 を実行して、保存して復元するアーティファクトが正しく機能することを確認します。
  4. コンテナーを実行します。

    • Podman を使用する場合は、以下のコマンドを実行します。

      $ podman run <output_application_image_name>
    • Docker を使用する場合は、以下のコマンドを実行します。

      $ docker run <output_application_image_name>
  5. コンテナーが実行され、アプリケーションが応答していることを確認します。

これらの手順を実行すると、通常はビルダーイメージが予想通りに機能しているかどうかが分かります。