9.2.5. イメージレジストリーアクセス用の追加のトラストストアの設定

image.config.openshift.io/cluster カスタムリソースには、イメージレジストリーのアクセス時に信頼される追加の認証局が含まれる設定マップへの参照を含めることができます。

前提条件

  • 認証局 (CA) は PEM でエンコードされている必要があります。

手順

設定マップを openshift-config namespace に作成し、その名前を image.config.openshift.io カスタムリソースの AdditionalTrustedCA で使用し、追加の CA を指定することができます。

設定マップキーは、この CA が信頼されるポートを持つレジストリーのホスト名であり、base64 エンコード証明書が信頼する追加の各レジストリー CA についての値になります。

イメージレジストリー CA の設定マップの例

apiVersion: v1
kind: ConfigMap
metadata:
  name: my-registry-ca
data:
  registry.example.com: |
    -----BEGIN CERTIFICATE-----
    ...
    -----END CERTIFICATE-----
  registry-with-port.example.com..5000: | 1
    -----BEGIN CERTIFICATE-----
    ...
    -----END CERTIFICATE-----

1
レジストリーにポートがある場合 (例: registry-with-port.example.com:5000)、「:」は .. に置き換える必要があります。

以下の手順で追加の CA を設定することができます。

  1. 追加の CA を設定するには、以下を実行します。

    $ oc create configmap registry-config --from-file=<external_registry_address>=ca.crt -n openshift-config
    $ oc edit image.config.openshift.io cluster
    spec:
      additionalTrustedCA:
        name: registry-config