第9章 イメージ設定リソース

以下の手順でイメージレジストリーを設定します。

9.1. イメージコントローラー設定パラメーター

image.config.openshift.io/cluster resource は、イメージの処理方法についてのクラスター全体の情報を保持します。正規名および唯一の有効な名前となるのは cluster です。spec は以下の設定パラメーターを提供します。

パラメーター説明

allowedRegistriesForImport

標準ユーザーがイメージのインポートに使用できるコンテナーイメージレジストリーを制限します。この一覧を、有効なイメージを含むものとしてユーザーが信頼し、アプリケーションのインポート元となるレジストリーに設定します。イメージまたは ImageStreamMappings を API 経由で作成するパーミッションを持つユーザーは、このポリシーによる影響を受けません。通常、これらのパーミッションを持っているのはクラスター管理者のみです。

このリストのすべての要素に、レジストリーのドメイン名で指定されるレジストリーの場所が含まれます。

domainName: レジストリーのドメイン名を指定します。レジストリーが標準以外の (80 または 443) ポートを使用する場合、ポートはドメイン名にも含まれる必要があります。

insecure: insecure はレジストリーがセキュアか、または非セキュアであるかを示します。指定がない場合には、デフォルトでレジストリーはセキュアであることが想定されます。

additionalTrustedCA

image stream importpod image pullopenshift-image-registry pullthrough、およびビルド時に信頼される必要のある追加の CA が含まれる設定マップ の参照です。

この設定マップの namespace は openshift-config です。設定マップの形式では、信頼する追加のレジストリー CA についてレジストリーのホスト名をキーとして使用し、PEM エンコード証明書を値として使用します。

externalRegistryHostnames

デフォルトの外部イメージレジストリーのホスト名を指定します。外部ホスト名は、イメージレジストリーが外部に公開される場合にのみ設定される必要があります。最初の値は、イメージストリームの publicDockerImageRepository フィールドで使用されます。値は hostname[:port] 形式の値である必要があります。

registrySources

コンテナーランタイムがビルドおよび Pod のイメージへのアクセス時に個々のレジストリーを処理する方法を決定する設定が含まれます。たとえば、非セキュアなアクセスを許可するかどうかを設定します。内部クラスターレジストリーの設定は含まれません。

insecureRegistries: 有効な TLS 証明書を持たないか、または HTTP 接続のみをサポートするレジストリーです。レジストリー内で個別のリポジトリーを指定できます。例: reg1.io/myrepo/myapp:latest

blockedRegistries: イメージのプルおよびプッシュアクションが拒否されるレジストリーです。レジストリー内で個別のリポジトリーを指定できます。例: reg1.io/myrepo/myapp:latest他のすべてのレジストリーは許可されます。

allowedRegistries: イメージのプルおよびプッシュアクションが許可されるレジストリーです。レジストリー内で個別のリポジトリーを指定できます。例: reg1.io/myrepo/myapp:latest他のすべてのレジストリーはブロックされます。

containerRuntimeSearchRegistries: イメージの短縮名を使用したイメージのプルおよびプッシュアクションが許可されるレジストリーです。他のすべてのレジストリーはブロックされます。

blockedRegistries または allowedRegistries のいずれかを設定できますが、両方を設定することはできません。

警告

allowedRegistries パラメーターが定義されると、明示的に一覧表示されない限り、registry.redhat.io レジストリーと quay.io レジストリー、およびデフォルトの内部イメージレジストリーを含むすべてのレジストリーがブロックされます。パラメーターを使用する場合は、Pod の失敗を防ぐために、registry.redhat.io レジストリーと quay.io レジストリー、および internalRegistryHostname を含むすべてのレジストリーを allowedRegistries 一覧に追加します。これらは、お使いの環境内のペイロードイメージで必要とされます。非接続クラスターの場合、ミラーレジストリーも追加する必要があります。

image.config.openshift.io/cluster リソースの status フィールドは、クラスターから観察される値を保持します。

パラメーター説明

internalRegistryHostname

internalRegistryHostname を制御するイメージレジストリー Operator によって設定されます。これはデフォルトの内部イメージレジストリーのホスト名を設定します。値は hostname[:port] 形式の値である必要があります。後方互換性を確保す るために、OPENSHIFT_DEFAULT_REGISTRY 環境変数を依然として使用できますが、この設定によってこの環境変数は上書きされます。

externalRegistryHostnames

イメージレジストリー Operator によって設定され、外部に公開される際にイメージレジストリーの外部のホスト名を指定します。最初の値は、イメージストリームの publicDockerImageRepository フィールドで使用されます。値は hostname[:port] 形式の値である必要があります。