7.2.6. init

operator-sdk init コマンドは Operator プロジェクトを初期化し、指定されたプラグインのデフォルトのプロジェクトディレクトリーレイアウトを生成するか、または スキャフォールディング します。

このコマンドは、以下のファイルを作成します。

  • ボイラープレートライセンスファイル
  • ドメインおよびリポジトリーを含む PROJECT ファイル
  • プロジェクトをビルドする Makefile
  • プロジェクト依存関係のある go.mod ファイル
  • マニフェストをカスタマイズするための kustomization.yaml ファイル
  • マネージャーマニフェストのイメージをカスタマイズするためのパッチファイル
  • Prometheus メトリクスを有効にするためのパッチファイル
  • 実行する main.go ファイル

表7.8 init フラグ

フラグ説明

--help, -h

init コマンドのヘルプ出力。

--plugins (文字列)

プロジェクトを初期化するプラグインの名前およびオプションのバージョン。利用可能なプラグインは ansible.sdk.operatorframework.io/v1go.kubebuilder.io/v2go.kubebuilder.io/v3、および helm.sdk.operatorframework.io/v1 です。

--project-version

プロジェクトのバージョン。使用できる値は 2 および 3-alpha (デフォルト) です。