3.7. 環境変数の管理

odo はコンポーネント固有の設定および環境変数を config ファイルに保存します。odo config コマンドを使用すると、config ファイルを変更せずに、コンポーネントの環境変数の設定、設定解除、および一覧表示を実行できます。

3.7.1. 環境変数の設定および設定解除

手順

  • コンポーネントで環境変数を設定するには、以下を実行します。

    $ odo config set --env <variable>=<value>
  • コンポーネントの環境変数の設定を解除するには、以下を実行します。

    $ odo config unset --env <variable>
  • コンポーネント内のすべての環境変数を一覧表示するには、以下を実行します。

    $ odo config view