3.4.3.5. コンポーネントの公開

手順

  1. frontend ディレクトリーに移動します。

    $ cd frontend
  2. アプリケーションの外部 URL を作成します。

    $ odo url create frontend --port 8080

    出力例

     ✓  URL frontend created for component: frontend
    
    To create URL on the OpenShift  cluster, use `odo push`

  3. 変更を適用します。

    $ odo push

    出力例

    Validation
     ✓  Checking component [21ms]
    
    Configuration changes
     ✓  Retrieving component data [35ms]
     ✓  Applying configuration [29ms]
    
    Applying URL changes
     ✓  URL frontend: http://frontend-app-myproject.192.168.42.79.nip.io created
    
    Pushing to component frontend of type local
     ✓  Checking file changes for pushing [1ms]
     ✓  No file changes detected, skipping build. Use the '-f' flag to force the build.

  4. ブラウザーで URL を開き、アプリケーションを表示します。
注記

アプリケーションに OpenShift Container Platform namespace にアクセスし、アクティブな Pod を削除するのに有効なサービスアカウントのパーミッションが必要な場合、バックエンドコンポーネントから odo log を参照すると以下のエラーが発生する場合があります。

Message: Forbidden!Configured service account doesn’t have access.Service account may have been revoked

このエラーを解決するには、サービスアカウントロールのパーミッションを追加します。

$ oc policy add-role-to-group view system:serviceaccounts -n <project>
$ oc policy add-role-to-group edit system:serviceaccounts -n <project>

これは実稼働クラスターでは実行しないでください。