3.4.3.2. バックエンドコンポーネントのデプロイ

Java コンポーネントを作成するには、Java ビルダーイメージをインポートし、Java アプリケーションをダウンロードし、odo でソースコードをクラスターにプッシュします。

手順

  1. openjdk18 をクラスターにインポートします。

    $ oc import-image openjdk18 \
    --from=registry.access.redhat.com/redhat-openjdk-18/openjdk18-openshift --confirm
  2. イメージに builder のタグを付け、イメージが odo でアクセスできるようにします。

    $ oc annotate istag/openjdk18:latest tags=builder
  3. odo catalog list components を実行し、作成されたイメージを表示します。

    $ odo catalog list components

    出力例

    Odo Devfile Components:
    NAME                 DESCRIPTION                            REGISTRY
    java-maven           Upstream Maven and OpenJDK 11          DefaultDevfileRegistry
    java-openliberty     Open Liberty microservice in Java      DefaultDevfileRegistry
    java-quarkus         Upstream Quarkus with Java+GraalVM     DefaultDevfileRegistry
    java-springboot      Spring Boot® using Java                DefaultDevfileRegistry
    nodejs               Stack with NodeJS 12                   DefaultDevfileRegistry
    
    Odo OpenShift Components:
    NAME        PROJECT       TAGS                                                                           SUPPORTED
    java        openshift     11,8,latest                                                                    YES
    dotnet      openshift     2.1,3.1,latest                                                                 NO
    golang      openshift     1.13.4-ubi7,1.13.4-ubi8,latest                                                 NO
    httpd       openshift     2.4-el7,2.4-el8,latest                                                         NO
    nginx       openshift     1.14-el7,1.14-el8,1.16-el7,1.16-el8,latest                                     NO
    nodejs      openshift     10-ubi7,10-ubi8,12-ubi7,12-ubi8,latest                                         NO
    perl        openshift     5.26-el7,5.26-ubi8,5.30-el7,latest                                             NO
    php         openshift     7.2-ubi7,7.2-ubi8,7.3-ubi7,7.3-ubi8,latest                                     NO
    python      openshift     2.7-ubi7,2.7-ubi8,3.6-ubi7,3.6-ubi8,3.8-ubi7,3.8-ubi8,latest                   NO
    ruby        openshift     2.5-ubi7,2.5-ubi8,2.6-ubi7,2.6-ubi8,2.7-ubi7,latest                            NO
    wildfly     openshift     10.0,10.1,11.0,12.0,13.0,14.0,15.0,16.0,17.0,18.0,19.0,20.0,8.1,9.0,latest     NO

  4. コンポーネントの新規ディレクトリーを作成します。

    $ mkdir my_components && cd my_components
  5. バックエンドアプリケーションのサンプルをダウンロードします。

    $ git clone https://github.com/openshift-evangelists/Wild-West-Backend backend
  6. バックエンドソースディレクトリーに移動します。

    $ cd backend
  7. ディレクトリーに正しいファイルがあることを確認します。

    $ ls

    出力例

    debug.sh  pom.xml  src

  8. バックエンドのソースファイルを Maven でビルドし、JAR ファイルを作成します。

    $ mvn package

    出力例

    ...
    [INFO] --------------------------------------
    [INFO] BUILD SUCCESS
    [INFO] --------------------------------------
    [INFO] Total time: 2.635 s
    [INFO] Finished at: 2019-09-30T16:11:11-04:00
    [INFO] Final Memory: 30M/91M
    [INFO] --------------------------------------

  9. backend という Java コンポーネントタイプのコンポーネント設定を作成します。

    $ odo create --s2i openjdk18 backend --binary target/wildwest-1.0.jar

    出力例

     ✓  Validating component [1ms]
     Please use `odo push` command to create the component with source deployed

    設定ファイルの config.yaml は、デプロイ用のコンポーネントについての情報が含まれるバックエンドコンポーネントのローカルディレクトリーに置かれます。

  10. 以下を使用して config.yaml ファイルでバックエンドコンポーネントの設定内容を確認します。

    $ odo config view

    出力例

    COMPONENT SETTINGS
    ------------------------------------------------
    PARAMETER         CURRENT_VALUE
    Type              openjdk18
    Application       app
    Project           myproject
    SourceType        binary
    Ref
    SourceLocation    target/wildwest-1.0.jar
    Ports             8080/TCP,8443/TCP,8778/TCP
    Name              backend
    MinMemory
    MaxMemory
    DebugPort
    Ignore
    MinCPU
    MaxCPU

  11. コンポーネントを OpenShift Container Platform クラスターにプッシュします。

    $ odo push

    出力例

    Validation
     ✓  Checking component [6ms]
    
    Configuration changes
     ✓  Initializing component
     ✓  Creating component [124ms]
    
    Pushing to component backend of type binary
     ✓  Checking files for pushing [1ms]
     ✓  Waiting for component to start [48s]
     ✓  Syncing files to the component [811ms]
     ✓  Building component [3s]

    odo push を使用すると、OpenShift Container Platform はバックエンドコンポーネントをホストするためのコンテナーを作成し、そのコンテナーを OpenShift Container Platform クラスターで実行されている Pod にデプロイし、 backend コンポーネントを起動します。

  12. 以下を検証します。

    • odo でのアクションのステータス

      $ odo log -f

      出力例

      2019-09-30 20:14:19.738  INFO 444 --- [           main] c.o.wildwest.WildWestApplication         : Starting WildWestApplication v1.0 onbackend-app-1-9tnhc with PID 444 (/deployments/wildwest-1.0.jar started by jboss in /deployments)

    • バックエンドコンポーネントのステータス

      $ odo list

      出力例

      APP     NAME        TYPE          SOURCE                             STATE
      app     backend     openjdk18     file://target/wildwest-1.0.jar     Pushed