3.6. Operator によって管理されるサービスのインスタンスの作成

Operator は、Kubernetes サービスをパッケージ化し、デプロイし、管理する方法です。odo を使用して、Operator によって提供されるカスタムリソース定義 (CRD) からサービスのインスタンスを作成できます。その後、プロジェクトでこれらのインスタンスを使用し、それらをコンポーネントにリンクできます。

Operator からサービスを作成するには、要求されたサービスを起動するために必要な有効な値が Operator の metadata に定義されていることを確認する必要があります。odo は Operator の metadata.annotations.alm-examples YAML ファイルを使用してサービスを起動します。この YAML にプレースホルダーの値またはサンプルの値がある場合、サービスは起動できません。YAML ファイルを変更し、変更した値でサービスを起動することができます。YAML ファイルを変更する方法およびそのファイルからサービスを起動する方法については、YAML ファイルを使用したサービスの作成 について参照してください。

3.6.1. 前提条件

  • ocCLIをインストールし、クラスターにログインします。

    • クラスターの設定により利用できるサービスが異なることに注意してください。Operator サービスにアクセスするには、クラスター管理者はまずクララスターにそれぞれの Operator をインストールする必要があります。詳細は、「Adding Operators to the cluster」を参照してください。
  • odo CLI をインストールします。