3.4.5.4. Java アプリケーションのデータベースへの接続

Java アプリケーションをデータベースに接続するには、odo link コマンドを使用します。

手順

  1. サービスの一覧を表示します。

    $ odo service list

    出力例

    NAME                        AGE
    Database/sampledatabase     6m31s

  2. データベースをアプリケーションに接続します。

    $ odo link Database/sampledatabase
  3. 変更をクラスターにプッシュします。

    $ odo push

    リンクが作成され、プッシュされた後に、データベース接続データが含まれるシークレットが作成されます。

  4. コンポーネントでデータベースサービスから挿入される値の有無を確認します。

    $ odo exec -- bash -c 'env | grep DATABASE'
    declare -x DATABASE_CLUSTERIP="10.106.182.173"
    declare -x DATABASE_DB_NAME="sampledb"
    declare -x DATABASE_DB_PASSWORD="samplepwd"
    declare -x DATABASE_DB_USER="sampleuser"
  5. Java アプリケーションの URL を開き、 CreatePerson.xhtml データエントリーページに移動します。フォームを使用して、ユーザー名と年齢を入力します。保存 をクリックします。

    これで View Persons Record List リンクをクリックしてデータベースのデータを表示できることに注意してください。

    psql などの CLI ツールを使用してデータベースを操作することもできます。