2.3.2. CLI プラグインのインストールおよび使用

OpenShift Container Platform CLI のカスタムプラグインの作成後に、これが提供する機能を使用できるようインストールする必要があります。

前提条件

  • oc CLI ツールをインストールしていること。
  • oc- または kubectl- で始まる CLI プラグインファイルがあること。

手順

  1. 必要に応じて、プラグインファイルを実行可能な状態になるように更新します。

    $ chmod +x <plugin_file>
  2. ファイルを PATH の任意の場所に置きます (例: /usr/local/bin/)。

    $ sudo mv <plugin_file> /usr/local/bin/.
  3. oc plugin list を実行し、プラグインが一覧表示されることを確認します。

    $ oc plugin list

    出力例

    The following compatible plugins are available:
    
    /usr/local/bin/<plugin_file>

    プラグインがここに一覧表示されていない場合、ファイルが oc- または kubectl- で開始されるものであり、実行可能な状態で PATH 上にあることを確認します。

  4. プラグインによって導入される新規コマンドまたはオプションを起動します。

    たとえば、kubectl-ns プラグインを サンプルのプラグインリポジトリー からビルドし、インストールしている場合、以下のコマンドを使用して現在の namespace を表示できます。

    $ oc ns

    プラグインを起動するためのコマンドはプラグインファイル名によって異なることに注意してください。たとえば、ファイル名が oc-foo-bar のプラグインは oc foo bar コマンドによって起動します。