3.4.7.2. 特定のコンテナーへのストレージの追加

devfile に複数のコンテナーがある場合、--container フラグを使用して、ストレージを割り当てるコンテナーを指定できます。

手順

  1. 複数のコンテナーで devfile を作成します。

    components:
      - name: runtime 1
        container:
          image: registry.access.redhat.com/ubi8/nodejs-12:1-36
          memoryLimit: 1024Mi
          endpoints:
            - name: "3000-tcp"
              targetPort: 3000
          mountSources: true
      - name: funtime 2
        container:
          image: registry.access.redhat.com/ubi8/nodejs-12:1-36
          memoryLimit: 1024Mi
    1
    runtime コンテナー。
    2
    funtime コンテナー。
  2. runtime コンテナーのストレージを作成するには、以下を実行します。

    $ odo storage create store --path /data --size 1Gi --container runtime

    コマンドの出力:

    ✓  Added storage store to nodejs-testing-xnfg
      Please use `odo push` command to make the storage accessible to the component

  3. コンポーネント内のすべてのストレージを一覧表示して、ストレージがコンポーネントに割り当てられていることを確認します。

    $ odo storage list

    出力例

    The component 'nodejs-testing-xnfg' has the following storage attached:
      NAME      SIZE     PATH      CONTAINER     STATE
      store     1Gi      /data     runtime       Not Pushed

  4. 変更をクラスターにプッシュします。

    $ odo push