3.4.2.5. ビルドイメージを指定するためのカスタムビルダーの追加

OpenShift Container Platform では、カスタムイメージの作成ごとに発生する差を埋めるカスタムイメージを追加できます。

以下の例は、redhat-openjdk-18 イメージの正常なインポートおよび使用方法について示しています。

前提条件

  • OpenShift CLI (oc) がインストールされている。

手順

  1. イメージを OpenShift Container Platform にインポートします。

    $ oc import-image openjdk18 \
    --from=registry.access.redhat.com/redhat-openjdk-18/openjdk18-openshift \
    --confirm
  2. イメージにタグを付け、odo からアクセスできるようにします。

    $ oc annotate istag/openjdk18:latest tags=builder
  3. odo でイメージをデプロイします。

    $ odo create openjdk18 --git \
    https://github.com/openshift-evangelists/Wild-West-Backend