3.5. 制限された環境での odo の使用

3.5.1. 制限された環境での odo について

odo を非接続のクラスター、または制限された環境でプロビジョニングされたクラスターで実行するには、クラスター管理者がミラーリングされたレジストリーでクラスターを作成していることを確認する必要があります。

非接続クラスターで作業を開始するには、まず odo init イメージをクラスターのレジストリーにプッシュしODO_BOOTSTRAPPER_IMAGE 環境変数を使用して odo init イメージパスを上書きする必要があります。

odo init イメージのプッシュ後に、レジストリーからサポートされているビルダーイメージをミラーリングしミラーレジストリーを上書きした後にアプリケーションを作成する必要があります。ビルダーイメージは、アプリケーションのランタイム環境を設定するために必要であり、これにはアプリケーションのビルドに必要なビルドツールが含まれます (例: Node.js の場合は npm、Java の場合は Maven)。ミラーレジストリーには、アプリケーションに必要なすべての依存関係が含まれます。