第7章 Operator SDK

7.1. Operator SDK CLI のインストール

Operator SDK は、Operator 開発者が Operator のビルド、テストおよびデプロイに使用できるコマンドラインインターフェース (CLI) ツールを提供します。ワークステーションに Operator SDK CLI をインストールして、独自の Operator のオーサリングを開始することができます。

Operator SDK についての詳細は、Operator の開発について参照してください。

注記

OpenShift Container Platform 4.8 以降は Operator SDK v1.8.0 をサポートします。

7.1.1. Operator SDK CLI のインストール

OpenShift SDK CLI ツールは Linux にインストールできます。

前提条件

  • Go v1.16+
  • docker v17.03+、podman v1.9.3+、または buildah v1.7+

手順

  1. OpenShift のミラーサイトに移動します。
  2. 4.8.4ディレクトリから、Linux用の最新版のtarballをダウンロードします。
  3. アーカイブを展開します。

    $ tar xvf operator-sdk-v1.8.0-ocp-linux-x86_64.tar.gz
  4. ファイルを実行可能にします。

    $ chmod +x operator-sdk
  5. 展開された operator-sdk バイナリーを PATH にあるディレクトリーに移動します。

    ヒント

    PATH を確認するには、以下を実行します。

    $ echo $PATH
    $ sudo mv ./operator-sdk /usr/local/bin/operator-sdk

検証

  • Operator SDK CLI のインストール後に、これが利用可能であることを確認します。

    $ operator-sdk version

    出力例

    operator-sdk version: "v1.8.0-ocp", ...